ソニーがMWC2017で5種類の新しいXperiaを発表?

シェアする

Android

ソニーのXperiaシリーズといえば数少ない世界で戦っている日本のスマホです。

2017年もフラッグシップのスマホを出して戦いを続けるようです。

MWC2017では5種類のスマホを発表する予定とか。

スポンサーリンク

2017年のXperiaのフラッグシップのYoshinoとそれに次ぐBlancBright

Pocket-lintによると、ソニーはMWC2017で5種類のXperiaを発表するそうです。

そのうち、ハイエンドの2機種はコードネームがYoshinoとBlancBrightと呼ばれているそうで、噂されるスペックは以下のようになっています:

Yoshino BlancBright
CPU Snapdragon 835 Snapdragon 835 or 653
RAM 4GB or 6GB 4GB
ディスプレイ 3840 x 2160 ピクセル(4K) 2560 x 1440 ピクセル(QHD)
カメラセンサー IMX400 IMX400

まず、Yoshinoは明らかにXperiaのフラッグシップモデルです。CPUにはQualcommの最新SoCであるSnapdragon 835を採用しています。

新しいハイエンドスマホ向けSoC Snapdragon 835 が登場 デスクトップ版 Windows 10 にも対応
QualcommのSnapdragonシリーズといえば、多くのスマホに搭載されているデファクトのSoCです。 そんなSnapdragonシ...

また、4Kディスプレイを採用するなどスペックてんこ盛りとなっています。

BlancBrightのCPUは、Yoshinoと同じSnapdragon 835になるのか、ミドルレンジのSnapdragon 653になるのかは不明のようです。ディスプレイ解像度もYoshinoより低く、Yoshinoよりは低スペックのモデルになるようです。

ただ、QHD解像度のディスプレイを備えるなど、他社のフラッグシップに引けを取らないモデルとなっています。

ミドルレンジのKeyakiとHinoki、ローエンドのMineo

他の3機種はさらに低スペックなモデルとなっています。

コードネームはそれぞれ、Keyaki, Hinoki, Mineoとなっているそうです。

Keyaki Hinoki Mineo
CPU Mediatek Helio P20 Mediatek Helio P20 ?
RAM 4GB/64GB 3GB/32GB ?
ディスプレイ 1920 x 1080 ピクセル(Full HD) 1280 x 720 ピクセル ?
カメラ 2,300万画素/1,600万画素 1,600万画素/800万画素 ?

KeyakiとHinokiはXperiaには珍しくMediatek製のSoCを採用するようです。Helio P20は8コア@2.3GHzの構成のCPUを搭載するSoCで、YoshinoとBlancBrightにも引けを取らない性能になるかもしれません。

ただ、ディスプレイ解像度やカメラ性能の点で上位機種とは差別化がなされているようです。

Mineoについては詳細な情報がありません。唯一あるのは、Mineoの価格が350ドル(約40,000円)になるということだけです。Xperia JシリーズのようなSIMロックフリー市場向けのスマホになるのでしょうか?

全方位にスマホをリリース

この噂が本当であるとすると、Xperiaシリーズは2017年はハイエンドからローエンドまでフルラインナップで臨むようです。

フラッグシップは他社が採用していない4Kディスプレイモデルや新型カメラセンサーで対抗し、ローエンドは安い価格設定としています。さらに、その間を3機種で細かく刻み隙がないようにしているようです。

寡占化が進んではいますが、Xperiaもまだまだこの市場でやってくという意気込みが見えますね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする