指紋センサー搭載を搭載しながら価格の安い ZTE BLADE V7 Liteが登場 でもスペックから考えると高いかも?

シェアする

Android

指紋センサーは古くからスマホに搭載され、iPhoneシリーズにも当たり前のように搭載されています。

しかしながら、どちらかというと高価格帯のスマホにしか搭載されないものでした。

7月中旬に発売が予定されている ZTE BLADE V7 Lite は21,800円という価格ながら指紋センサーを搭載しています。

スポンサーリンク

スペックとしてはローエンドよりのミドルクラス

ZTE BLADE V7 Lite は5インチ 1280×720ピクセルのディスプレイを搭載したスマートフォンです。

主なスペックは以下のようになっています。

CPU 4コア@1GHz (MediaTek MT6735P)
ディスプレイ 5インチ@1280×720ピクセル
RAM/ROM 2GB/16GB
バッテリー 2,500mAh
カメラ 800万画素/800万画素
OS Android 6.0 Marshmallow
指紋センサー あり
サイズ 70.2 x 143.8 x 7.9mm
重さ 135g

スペック自体は、指紋センサーとOSをのぞくと、ローエンドよりのミドルクラスです。1万円前半台が妥当なスペックです。

指紋センサーとAndroid 6.0 Marshmallowが魅力

しかしながら、指紋センサーおよびOSが他との差別化を生んでいます。

OSはAndroid 6.0 Marshmallowです。Marshmallowでは指紋センサーをOSとして標準サポートしています。これまで指紋センサーを搭載するには、ハードウェアとしてのセンサーだけでなく、指紋認証するためのソフトウェアが必要でした。このため、この技術のない会社には容易に搭載できませんでした。

それが、OS自身が指紋認証をサポートすることにより、参入障壁が一気に下がったものと思われます。その結果としての21,800円という価格なのでしょうね。

指紋センサーとMarshmallowが安くほしければ良い選択、そうでなければ考えたほうがいいかも?

前述のとおり、指紋センサーとOS以外は最近にしてはかなりロースペックよりとなっています。

どうしても指紋センサーとAndroid 6.0 Marshmallowが使いたい!という方には非常に良い選択しかと思います。

しかしながら、指紋センサーがついているのに安い!と飛びついてしまうと、他のスペックの低さにがっかりするかもしれません。

スマートフォンも多様性の時代であり、スペックは低くてもいいからロック解除を簡単にしたい!という人にとってありがたいスマホが出たというのはともかくもいいことです。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする