見た目もよくスペック充実で 安い goo g07 が発売

シェアする

Android

安いスマホと高いスマホの差はスペックのみにあらわれません。

デザインにも大きく価格は影響します。

gooのスマホとして発売される g07 はそんな常識を覆す一台かもしれません。

スポンサーリンク

19,800円でメタルボディ、スペックも充実

この g07 、19,800円(税抜)であるにも関わらず筐体が金属でできています。また、基本スペックもかなり充実しています:

CPU MediaTek MT6750T(4コア@1.5GHz + 4コア@1.0GHz)
RAM/ROM 3GB/32GB
ディスプレイ 5.5インチ@1920×1080ピクセル(FullHD), IPS
カメラ 1,300万画素/800万画素
指紋認証
3G+LTE同時待受
バッテリー 3,000 mAh
OS Android 6.0(Android 7.0へのアップデートあり)
サイズ 152 x 75.6 x 7.99 mm
重さ 150g

スペックには隙がありません。8コアのCPU、フルHDのディスプレイなど、快適に使うのに必要なところを抑えつつ、はやりの指紋認証や3G+LTE同時待ち受けにも対応しています。

また、OSもAndroid 7.0へのアップデートが保証されており、長く使える端末といえそうです。

このスペック&見た目でこの価格はすごい

これまでの2万円未満の端末は、安いけどそれなりに使えるというのがウリでした。

これに対して、g07 は快適に使えるスペックを持ちながらこの価格であり、スマホの値下がりもここまで来たか、という感じです。

あとは端末の出来次第ですね。いくらスペックがよくても、端末に不具合があったり、使い心地が悪いと何にもなりません。

とはいえ、この価格でこのスペックであれば、ある程度のことは許せてしまうかな、と思ったりもします。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする