2016年第3四半期のOS別スマートフォンのシェアはAndroidがさらにシェアを伸ばす Windows Phoneは「その他」カテゴリに転落

シェアする

2016年第3四半期のスマートフォン市場のOS別スマートフォンのシェアが発表されました。

Androidがさらにシェアを伸ばし、iOSがシェアを落とす結果になったそうです。

そして、悲しいことに、Windows Phoneがついに「その他」カテゴリに入ってしまうほどシェアを落としてしまいました。

スポンサーリンク
広告336×280

90%近くのシェアを誇るAndroid

MSPowerUserによると、2016年第3四半期のスマートフォンのOS別シェアは以下のようになっているそうです:

OS 2015Q3 2016Q3
Android 84.1% 87.5%
iOS(iPhone) 13.6% 12.1%
その他 2.3% 0.3%

まず、Androidの圧倒的な強さが見て取れます。すでにシェアは90%近くに達し、数の上ではスマートフォン市場を独占しているといっても過言ではありません。

一方で、利益の面ではほとんどのスマートフォンは利益がないか赤字という話もあります。

Appleが世界のスマートフォンの利益の94%を独占
7~9月のスマートフォンの売り上げについての統計が発表されました。それによると、Appleがスマートフォン製造業界の全利益の94%を独占して...

商売としてはiOSの勝ちなのでしょうね。

シェアが1%以下に低下したWindows Phone

そして、なんといっても注目なのは、Windows Phoneが独立したシェアとして表示されなくなった点です。

これは、シェアが1%以下になったことを意味します。

過去にはBlackBerryがリストから消えたり、スマホOSはだんだんと淘汰されてきました。WindowsはWindows10でかなり力を入れてシェアを取りに行ったのですが、残念ながらこの結果です。

MicrosoftはWindows10 Mobileのサポートを続けると表明していますが、この結果を見てどうなることやら。。。

スマートフォン市場は成長を続けている、まだチャンスはある?

スマートフォン市場全体を見ると、2015年第3四半期から2016年第3四半期の間で出荷台数が6%増加したそうです。

この増加は主に発展途上国で起こっており、比較的安価なスマートフォンが売れているそうです。

その結果がAndroidのシェア増加につながっているのでしょうね。

これは、まだまだWindows10 Mobileには成長の余地があると考えるのか、もう限界だと考えるのか、Microsoftにとっては岐路を迎えているのかもしれません。