2017年にアップル製のOS搭載機器の出荷数がマイクロソフト製のものを超える?

シェアする

アップルとマイクロソフトのOS出荷台数

スマホの普及とともにパソコンが売れなくなったといわれて久しいですが、そのことを象徴するような予測が出てきました。

2017年に、アップル製のOS(iOS/OSX)を搭載した機器の出荷台数が、マイクロソフト製のOS(Windows)を搭載した機器の数を超えるそうです。

スポンサーリンク
広告336×280

2016年時点で拮抗していた出荷台数

MSPowerUserによると、すでに2016年時点で出荷台数が拮抗していたようです。

アップルとマイクロソフトのOS出荷台数

(MSPowerUserより)

この予想は調査会社のGartnerが行ったものです。

Windowsの出荷台数が年々減少傾向にある一方、iOSとOSXの出荷台数は伸びる傾向にあります。2012年には35,000万台あったWindows搭載機器の出荷台数は、2016年には26,000万台になっています。

この結果、2016年時点でWindowsの出荷台数が26,000万台、iOSとOSXの合計が24,800万台とほぼ拮抗していました。

マイクロソフトもWindows Phoneでスマホ市場をとろうとしましたが、今のところ残念ながら失敗に終わっており、2016年のシェアは1%以下になっているといわれています。

2020年のOS別スマホシェア予想が発表 Windows Mobileはシェアを大きく落としAndroidの独占が進む
現在でもすでにスマホ市場の寡占化が進んでおり、AndroidとiOS以外のスマホは駆逐されつつあります。 今回発表された2020年の予想で...

アップルはiPhoneの好調さによって出荷台数を伸ばしているというのが構図です。

2017年以降はアップルがマイクロソフトを上回る

そして2017年、ついにアップルがマイクロソフトを上回るという予想がされています。

具体的には、

マイクロソフト アップル
2016 26,000 24,800
2017 25,200 26,800
2018 25,300 27,600
2019 25,700 28,500

のようになっています(数字は万台)。

アップルも2015年から2016年にかけては出荷台数をおとしていたのですが、2017年のiPhone8にはかなり期待ができると予想されており、このような伸びになっています。

2017年版 iPhone (iPhone8? iPhone X?) の噂まとめ
2017年はiPhone誕生10周年にあたり、アップルも気合を入れているのではないかといわれています。 2017年が始まった時点で、現在流...

ちなみに、Androidはアップルやマイクロソフトの出荷台数をはるかに上回っており、2016年には10億台以上の機器が出荷されたといわれています。

エンタープライズ向けに注力するマイクロソフト

この流れに対してマイクロソフトはWindows Phoneをやめるという戦略をとっていません。

ビジネス向けのスマホとしてアピールするという戦略をとっていくようです。

ビジネスでの必須ツールであるMicrosoft Officeの互換性という意味ではWindows Phoneが最高でしょうから、ある意味理にかなった戦略であるとも言えます。

また、Intel互換のCPUだけでなく、ARM系のCPUでもデスクトップ版Windows 10をサポートすることや、スマホ版Windowsでデスクトップ版Windowsのアプリを動作可能にすることも明らかになっています。

新しいハイエンドスマホ向けSoC Snapdragon 835 が登場 デスクトップ版 Windows 10 にも対応
QualcommのSnapdragonシリーズといえば、多くのスマホに搭載されているデファクトのSoCです。 そんなSnapdragonシ...
Windowsスマホでパソコン版 Windows のアプリが動くようになる
Windowsスマホといえば鳴り物入りでWindows 10 Mobileが登場したもののいまだに鳴かず飛ばずです。 そんな状況を変えるか...

パソコンがそうであったように、スマホの出荷台数も今後は伸び悩みを見せるようになります。そこでもう一度シェアの揺り返しが起こるのか、このままなのか、まだチャンスはありそうです。

スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする