2017年のiPhoneには全モデル True Tone ディスプレイを搭載?画面の色温度を自動調節

シェアする

iPhone

2017年に登場するiPhoneに関する新たな噂です。

ディスプレイに色温度を自動調整するTrue Toneディスプレイを搭載するそうです。

また、3Dセンサーはフロント/バックにそれぞれ1つずつ搭載されるとか。

スポンサーリンク

True Toneディスプレイとは?

True Toneディスプレイはアップルが9.7インチのiPad Proに搭載した技術です。

ディスプレイは光源によって見え方が異なります。たとえば蛍光灯であれば青白い、白熱灯であれば黄色っぽい光の色ですので、その下で見るディスプレイの見え方もおのずと異なって見えます。

それを常に同じように見えるようにするにはディスプレイの「色温度」と呼ばれる設定を光源に合わせて調整する必要があります

9.7インチのiPad Proではそれを自動的に調整する機能が搭載されており、これをTrue Toneディスプレイと呼んでいます。

iPhoneにセンサーを搭載し色温度を自動調整

9to5 Macによると、2017年のiPhoneには光源の色を検出するセンサーが追加され、それに応じてディスプレイの色温度を自動調整するようです。

うれしいことに、このTrue ToneディスプレイはiPhone 8と呼ばれているプレミアムモデルだけでなく、iPhone 7s/7s Plusと呼ばれる通常モデルにも搭載されるそうです。

とはいえ、やはり有機ELディスプレイを搭載するといわれているiPhone 8 + True Toneディスプレイの方が色再現性は高いのでしょうけどね。

3Dセンサーはフロント/バック両面に搭載

また、顔認識やARに使用されるとうわさされている3Dセンサーは筐体の前面/背面にそれぞれ1つずつ搭載されるそうです。

前面は顔認識に、背面はAR用に使われるとか。

背面はTime-of-Flightセンサーを使用するといううわさもありましたが、両方同じ3Dセンサーのようです。

センサーの送信側はams(Heptagon)が製造し、受信側はSTMicroが製造するそうです。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする