2017年版 iPhone (iPhone8? iPhone X?) の噂まとめ

シェアする

iPhone

2017年はiPhone誕生10周年にあたり、アップルも気合を入れているのではないかといわれています。

2017年が始まった時点で、現在流れている 2017年版iPhoneのうわさをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

4.7インチ、5.5インチ、5.8インチディスプレイのモデルが登場?

9to5 Mac によると、まず、スクリーンのサイズについては、iPhone 7 および iPhone 7 Plusのような4.7インチと5.5インチモデルに加えて、5.8インチのモデルが登場するのではないかといわれています。

5.8インチモデルはハイエンドモデルといわれ、端末の横にまでおよぶ曲がったガラスが使われるのとのうわさがあります。Samsung の Galaxy xx Edge のような感じですかね。

追記: 曲がったディスプレイは採用されないのでは?といううわさが出てきました

有機EL版iPhoneは3GB RAM + 64/256GBストレージで登場?価格は999ドル?
徐々に詳細が明らかになってきた10周年記念iPhoneの噂です。 有機EL搭載のプレミアムモデルであるiPhone 8は3GBのRAMと6...

また、5.8インチモデルはOLEDディスプレイ(有機ELディスプレイ)が使用されるとのことです。OLEDはLCDに比べ、消費電力が低く、長寿命といわれています。残念ながら4.7インチモデルと5.5インチモデルは従来型のLCDとなるようです。

ガラス製筐体でデザインを一新

2017年版のiPhoneは、最近のアルミ製ボディをやめ、ガラス製の筐体でイメージを一新するようです。

iPhone 4/4S のように前面と背面がガラスになるとか。5.8インチモデルはディスプレイが端末の横にまでおよぶようなので、なかなか面白いデザインになりそうです。

さらに、うわさとしては赤色の新しいカラーオプションを企画しているそうです。

長距離無線充電をサポート

2017年のiPhoneは充電方法も新しくなります。

これまでのケーブルによる充電に加え、無線での充電をサポートするそうです。

といっても、これまで一部のAndroid端末でサポートされていた無線充電とは異なるようです。

これまでの無線充電技術は、無線充電を行うためのマットを電源に接続し、その上に端末を置くことで充電していました。アップルはこの技術を、端末はケーブルに接続しなくてもいいけどマット自体は電源に接続しなくてはいけないからどれだけ便利かは疑問だ、としていました。

そこでアップルはEnergousという会社の技術を利用しようとしています。この会社のWattUpと呼ばれる技術では、なんと4.5メートルも離れたところから無線充電が可能になるそうです。

これなら壁のコンセントに送信用の機器を置いておき、iPhone自体はある程度自由に部屋に置いておくことができます。

残念ながら、この無線充電用の機器は同梱されず、オプション扱いになるようです。結構高いのでしょうか?

追記:9to5 Macによると、この長距離無線充電機能のサプライヤーがLite-Onセミコンダクターに決まったそうです。この噂も本決まりでしょうか?

追記: 今度は、長距離無線技術は採用されないといううわさが出てきました。。。

iPhone 8には長距離無線充電技術は採用されない?普通のQi互換の規格が有望
2017年版iPhoneのプレミアムモデルであるiPhone 8には4.5メートルも離れたところから無線で充電できる技術が採用されることがう...

ホームボタンがディスプレイに内蔵される

iPhoneの故障の一番の原因と呼ばれるホームボタンがついに物理ボタンではなくなるようです。

ホームボタンは特許技術によりディスプレイに内蔵となるそうです。

故障頻度の低減以外に、物理的なボタンを置く場所がいらなくなるので、ディスプレイを大きくしたり端末を小さくすることが可能になると思われます。

さらに、これまでホームボタンに指を置く必要があった指紋認証が、ディスプレイのどこに指を置いてもよくなるそうです。5.8インチディスプレイモデルなら、端末の横までディスプレイなので、端末を持っただけで指紋認証できてしまうかもしれませんね。

AR/VRに対応?

最近はやりのARやVRにもしっかり対応してくるそうです。

Android陣営やゲーム機器ではかなり有名になったARとVRですが、iPhoneも負けじと対応してくるのでしょうね。

最近の中ではかなりの大幅アップデートになりそう

こうしてあげていくと、2017年版のiPhoneは近年にない大幅なアップデートが行われるといえそうです。

特にハイエンドである5.8インチ版 iPhone はかなりの人気となり争奪戦となるかもしれません。

10周年を飾るのにふさわしい iPhone として、まだまだスマホも捨てたもんじゃないと思わせてほしいものです。

(追記)筐体はステンレス製になるようです:

2017年のiPhoneは金属素材をアルミから鍛造ステンレスに変更?
最近のiPhoneといえば美しいアルミ製の筐体が印象的でした。 2017年に発売されるiPhone(iPhone8?)ではこのアルミニウム...

(追記)レーザーセンサーを使った顔認識機能のうわさも出てきました:

iPhone8に新しいレーザーセンサーを使った顔認識機能が実装される?
最近のiPhoneには指紋認証が機能が実装されており、手軽に高いセキュリティを実現することができます。 2017年に発売がうわさされてる新...

(追記)有機EL液晶バージョンは小さくて大容量バッテリー搭載のようです:

iPhone 8(iPhone X?)は4.7インチ版iPhoneと同等のサイズで大容量バッテリー搭載?
2017年に登場がうわさされる有機ELディスプレイ搭載プレミアム版iPhoneには5.8インチのディスプレイが搭載されるといわれています。 ...
スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする