2017年には新型 iPhone SE は出ない?アップルの利益率が問題に

シェアする

小型のiPhoneとして一定の需要のある iPhone SE ですが、残念な情報です。

2017年には新型の iPhone SE は登場しないそうです。

小型で使いやすいスマホを求める人には残念な情報ですね。

スポンサーリンク
広告336×280

利益率とiPhone同士での「共食い」を防ぐため

9to5 Macによると、新しいiPhone SEを出さない理由は以下の2点によるそうです。

利益率を保つため

2016年に登場した iPhone SE のおかげで、2016年のiPhoneの出荷台数は期待を上回ったそうです。

一方、iPhone SEの利益率は思ったよりも高くなく、売れれば売れるほど利益率を押し下げるとか。

iPhone同士の共食いを防ぐため

また、iPhone同士の共食いも問題だそうです。

同じiPhoneを買うなら値段も高くて利益率も高い方を買ってくれた方がAppleとしてはうれしいのでしょう。

利益率は特に大きな問題

利益率はiPhone SEに限らずアップルの中で大きな問題になっているそうです。

このため、アップルは各部品メーカーに価格の値下げを要求しているとか。

一方でサムソンはDRAMやFlashの値下げを計画しているそうです。

部品メーカーも利益を確保しなくてはならないのでなかなか厳しい戦いになりそうですね。

新型iPhone SEが出ないせいで出荷台数は減少の見込み

新型iPhone SEが出ない影響はiPhone全体の出荷台数に出そうです。

今四半期の出荷台数の予測は4,000~5,000万台と、前年の5,120万台からはダウンが見込まれています。

アップルとしてはシェアを保つか利益率を保つか難しいところではありますが、製品の数が増えるとサポートとかいろいろ大変でしょうから、新しい製品を出さないというのもいい選択肢ではあるのかもしれません。

スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする