Allo Piano 2.1 HI-FI DAC + Kali Reclockerの到着とセットアップ

シェアする

電源を入れたRaspberry pi 3 + Kali + Piano 2.1

海外通販サイトに注文していたAlloのPiano 2.1 HI-FI DAC と Kali Reclockerが到着しました。

Raspberry pi用 I2S DAC - Allo Piano 2.1 HI-FI DAC + Kali Reclockerの購入
前回の記事でI2S DACを試すことを決め、候補を挙げました。 色々悩みましたが、最終的には Allo Piano 2.1 HI-FI...

早速Raspberry pi 3に装着します。

スポンサーリンク

迷走していたFedexの配送

最終的には無事に到着したのですが、履歴を見るとFedexの配送が迷走していたようです。

インドのバンガロールから出発した荷物はムンバイから飛行機に乗り、二日後にはドバイを経由してフランスのシャルルドゴールに到着していました。

お、これは思ったより早く配送されるか?と思ったらなぜかそこから再びインドのムンバイへ

何が起こったんだ?と思ったらそこから中国の広州経由で成田に到着しました。

最終的には注文から5日後に手元に届きました。

でも、フランスに一度行かなければ3日で届いたのでは?という気もします。あれは配送の都合だったのか、間違いだったのか。。。

ちなみに、最後は日本郵便が配達してくれました。

通関のための税金、関税は必要だった?

今回の購入は個人輸入なので気になるのが通関のための税金です。

どうやら今回は税金は必要なかったようです。

商品の代金が一定金額以下であれば免税となるようで、今回はそれにあたったようです。

開封と装着

では、早速荷物の開封と装着です。

Volumio Shopからの荷物の梱包

Fedexの定型の箱の中にこんな感じで梱包されていました。

左端がACアダプタ、真ん中がボード2枚で、あとは緩衝材です。

Allo Piano 2.1 HI-FI DACとKali Reclockerの箱

さすがに緩衝材にダイレクトにボードを置くのはまずいだろう、と思ったらやっぱり箱に入っていました。

SparkyというRaspberry piのようなシングルボードコンピュータの箱に入っています。

Alloの5V出力ACアダプタ

今回のセットにはACアダプタもセットになっていました。それなりにノイズに考慮したもののようです。各国対応の電源プラグに加えて、microUSBへの変換ケーブルも入っています。

Kali Reclocker

Kaliの方を開けるとこんな感じです。KaliはFPGAとSRAMがメインのチップとなっています。左下のコネクタは5Vの入力です。

KaliをRaspberry pi 3に装着

まずはKali ReclockerをRaspberry pi 3に装着します。パイルダーオン的な感じです。Kali自体に音を出す機能はないのでこれだけだと何にもなりません。

Raspberry pi 3 + Piano 2.1 + Kali

さらに上にPiano 2.1 HI-FI DACを装着します。これにより、Raspberry pi 3からのI2S信号がKaliで一度蓄えられ、「正しい」クロックに乗せ換えられてPiano 2.1に出力されます。もちろん、KaliなしでPiano 2.1を装着することもできますが、それよりも音がよくなる、はず。

電源を入れたRaspberry pi 3 + Kali + Piano 2.1

電源を入れるとこんな感じです。Kaliの5V入力に電源を入れるだけでRaspberry pi 3も含めたすべてのボードに電源が供給されます。

ちょっとLEDが多くてうるさいのが難点です(笑)

意外と簡単だったVolumio Shopでの購入、そしてセットアップ

5日という時間は必要でしたが、Volumio Shopでの買い物は思ったよりも簡単でした。

配送もFedexで配送状況もリアルタイムで見えるので安心です。

梱包もまあまあで、どうやらボード自体は問題なく届いたようです。

次回はドライバーの組み込み等ソフトウェア面でのセットアップを行います。

Allo Piano 2.1 HI-FI DAC + Kali Reclocker のドライバー設定
無事にインドからPiano 2.1 と Kali が到着し、ハードウェア的には問題なさそうです。 自動的にドライバーを組み込んで使える...
スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする