BlackBerryがローエンドの安いスマートフォンを発売する?

シェアする

BlackBerry

内蔵キーボードが象徴的なBlackBerryですが、最近は自社製のOSをやめてAndroidに移行したり、ハードウェアの開発をやめるといううわさもあったりと下降気味です。

そんなBlackBerryからローエンドの安いスマートフォンが発売されるといううわさが出てきました。

これまではどちらかというとハイエンドで高価格帯のデバイスばかりでしたので面白そうです。

スポンサーリンク

ローエンドスペックのスマホ “BBC100-1”

Pocket-lintによると、このBlackBerryのスマホは “BBC100-1” というコードネームで呼ばれているそうです。

スペックを見ると確かにローエンドのスマホとなっています:

CPU Snapdragon 425(4コア@1.4GHz)
RAM/ROM 4GB/32GB
ディスプレイ 5.5インチ@1280 x 720 ピクセル
バッテリー 3,000 mAh
カメラ 1,300万画素/800万画素
その他 デュアルSIMサポート

最近ではローエンドのスマホでも8コア搭載のものが出てきていますので、4コアというのはかなりのローエンドです。

インドネシアで発売、新興国向け?

このBBC100-1はBlackBerryのジョイントベンチャーで開発されているとか。そして、このジョイントベンチャーはインドネシアの大手携帯電話会社であるTelkomselが出資しているようです。

ということは、まずはインドネシアの市場を狙った製品になっているのかもしれません。

もちろん、BlackBerryが誇る安全性の高いソフトウェアも使用可能だとか。

インドネシアだけでなく各国で発売してほしい

この新しいスマホがインドネシアや新興国のみで発売されるのか、グローバルに発売されるのかはわかっていません。

しかしながら、スペックを見る限りはかなりお手頃価格のスマートフォンになりそうな感じがします。

BlackBerryはセキュリティ性の高いソフトウェアが魅力です。

BlackBerry PRIVは通常のAndroidとは異なるセキュリティーパッチ供給ポリシーがとられる
BlackBerry初のAndroid端末である"PRIV"が話題になっています。この端末はセキュリティーが通常のAndroidよりも強化さ...

その意味でビジネス向けに最適ともいえるのですが、必ずしもビジネス向けがハイエンドのスペックを要求しているとは限りません。

こういったローエンドのスペックのスマホもあってもいいと思うのですが。

このスマホの詳細は2月末に開催されるMWC2017で明らかになるかもしれません。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする