FREETELが新しいSAMURAIシリーズスマホ REI(麗?)を発表

シェアする

Android

開催中のMWC2016でフリーテルが新たなスマートフォンを発表しました。

REIと名付けられたこのスマホ、雅のような高コストパフォーマンスのスマートフォンになるんでしょうか?

追記:ようやく発表されました。29,900円で5月20日に発売のようです。

FREETELからSAMURAI REI(麗)が登場 Marshmallow標準搭載のミドルレンジスマホ
以前から予告のあったフリーテルの新しいSAMURAIシリーズのスマホ 麗(REI) が発表されました。 なんといってもAndroid 6....
スポンサーリンク

SAMURAI MIYABI(雅), KIWAMI(極), REI(麗?)のスペック比較

REIの特徴は何といってもAndroid 6.0 Marshmallowと指紋認証センサーを搭載しているところでしょう。

同社としては初のMarshmallow標準搭載のスマホになると思われます。

今のところ明らかになっているのは以下のスペックです。SAMURAIシリーズのMIYABIとKIWAMIと比較してみます:

  REI(麗) KIWAMI(極) MIYABI(雅)
CPU 8コア@?GHz 8コア@2.0GHz(64bit対応) 4コア@1.3GHz
ディスプレー 5.2インチ Full HD(1920×1080ピクセル) 6インチ WQHD(2560×1440ピクセル)) 5インチ HD(1280×720ピクセル)
RAM/ROM 2GB/32GB 3GB/32GB 2GB/32GB
カメラ 1300万画素/?万画素 2100万画素/800万画素 1300万画素/500万画素
OS Android 6.0 Marshmallow Android 5.1 Lollipop Android 5.1 Lollipop
指紋認証 あり(前面ホームボタン兼用)

あり(背面)

なし

スペックを並べてみると、REIはSAMURAIシリーズのハイエンドではなく極と雅のちょうど間に位置するスペックであるように思います。ディスプレーサイズとRAMサイズ、カメラがそれを示しているかと。

KIWAMIの6インチディスプレイーはちょっと大きすぎる感はあるので、REIの5.2インチはベストサイズかもしれません。

ちなみに、REIのUSBポートはこれから主流であるType-Cではなく通常のmicroUSBとなっているようです。

今のところはいいでしょうが、アクセサリーの世代交代が進むと苦しいかもしれません。この時期に発売されるスマートフォンはどちらを取るべきか悩ましいところではありそうです。

リリースは5月以降、価格は30,000円ほど?

まだ日本でのリリース時期や価格についてはアナウンスされていません。

ASCIIによると、現地説明員の説明では発売は5月以降を予定しているそうです。

価格についても未発表ですが、雅が19,800円で極が39,800円であり、上記の通りスペックはこの2機種の中間であることから、価格は29,800円とか30,000円程度になるのではないでしょうか?

今年もFREETELに期待できそう?

雅は私も使っていますが、価格の割によくできたスマートフォンであると思います。

今年はキーボード搭載のスマートフォンのリリースも予告するなど、相変わらずフリーテルは精力的に活動を続けています。

フリーテルがキーボード付きの端末 4種を発表 ガラホのMUSASHIとフィーチャーフォンのSimple2
FREETELが新機種としてキーボード付きの端末を4種発表しました。ほかのメーカーが手を出さない分野なので売れるかどうか注目です。2画面搭載...
FREETELが2016年の方針を発表 1時間以内の端末配送やスマホの端末買取を開始予定
フリーテルが2016年の方針や施策を発表しました。かなりアグレッシブに攻めていく姿勢が見て取れましたが、私が気になったのは1時間以内の端末配...

0円端末の廃止でいまいち日本のスマホ業界は元気がない感がありますが、頑張ってスマホ業界を盛り上げていってほしいです。

追記:ようやく発表されました。29,900円で5月20日に発売のようです。

FREETELからSAMURAI REI(麗)が登場 Marshmallow標準搭載のミドルレンジスマホ
以前から予告のあったフリーテルの新しいSAMURAIシリーズのスマホ 麗(REI) が発表されました。 なんといってもAndroid 6....

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする