IIJmioモバイルプラスサービスは余った通信量を買い取ってくれる新たな視点のサービス

シェアする

スマホの月々の通信量を選ぶのはなかなか難しいです。

月によって必要な通信量が違ったり、生活スタイルが変わったりで、ベストなものを選ぶのは難しいところがあります。

IIJmioが開始した新たなサービスは、なんと余った通信量を買い取ってくれるというものです。

果たしてお得なのでしょうか?

スポンサーリンク
広告336×280

スペック上はスタンダード

新しいサービスは、「エコプランミニマム」と「エコプランスタンダード」と呼ばれています。

前者が月額900円で3GBまでの通信ができ、後者が月額1,700円で7GBまでの通信ができるコースです。SMSにも音声通話オプションにも対応しており、音声通話オプションは+700円です。

DMM mobileの料金と比較すると、以下のようになり、いたってスタンダードな料金設定といえます。

IIJmio DMM mobile
3GB 900円 850円
7GB 1,700円 1,860円

500MBを100円で買い取り、がすごい

しかし、この新しいプラン、余った通信量を買い取ってくれるところがすごいです。

具体的には500MB単位で、単位あたり100円で買い取ってくれるそうです。

使用した通信量と月々の料金をまとめると以下のようになります:

  エコミニマムプラン エコスタンダードプラン
~500MB(※) 500円 500円
~1GB 500円 500円
~1.5GB 600円 600円
~2GB 700円 700円
~2.5GB 800円 800円
~3GB 900円 900円
~3.5GB 1000円
~4.0GB 1100円

~4.5GB

1200円

~5GB

1300円

~5.5GB

1400円

~6.0GB

1500円

~6.5GB

1600円

~7.0GB

1700円

(※:買取上限額が400円/1200円に制限されているため、1GBと変わらず)

まず計算してびっくりするのが、エコミニマムプランでもエコスタンダードプランでも、3GBまでは通信量が同じなら料金が変わらないという点です。

より大きい上限なのだからエコスタンダードの方が高くてもおかしくないところですが、あくまで上限が違うだけで青天井にならないところが違うというプランになっています。

ちなみに、通信量を使い切った場合でも1GB単位でバンドルクーポンという形で追加(チャージ)が可能です。

「買い取り」というよりは「従量制」に近い

このプラン、発送を逆にすると、「買取」というよりは「従量制」のプランであるといえます。

「買取」とした方がなんとなくお得感があるのでしょうね。

「従量制」という意味ではFREETELの使った分だけ安心プランが有名です。こちらは、~100MB、~1GB、~3GBといったように切れ目が粗いのに対し、IIJmioのプランは500MB単位なのでよりきめ細かくニーズにこたえてくれそうです。

au回線のみなのが残念、他社でもはやるか?

今回の新しいプラン、残念なのはau回線のみという点です。

とはいえ、停滞気味であったMVNOの料金プランに一石を投じるという意味では意味は大きく、おそらく他社も追従するのではないでしょうか?

よりニッチなニーズにきめ細かく、こそがMVNOの存在意義だと思いますので。

スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする