iPhone 8は2種類の5.5インチモデルを含む3モデルで構成される

シェアする

iPhone 7が出たばかりではありますが、すでにiPhone 8の話題がどんどん出てきています。

今回のうわさでは、iPhone 8の世代では3つのモデルで構成されるそうです。

さらに、そのうちの2つはどちらも5.5インチディスプレイモデルだとか。

スポンサーリンク
広告336×280

有機ELディスプレイと通常のLCDディスプレイの2モデルがラインナップ

Pocket-Lintによると2つの5.5インチモデルの違いは一方が有機ELディスプレイ(OLED)でもう一方が通常のLCDであるそうです。

また、それらのどちらも2つのカメラがついたモデルになるとか。

この結果、来秋のiPhoneの出荷台数の65~75%はデュアルカメラモデルになるそうです。

もう1モデルは4.7インチディスプレイの単一カメラモデル

そして、3つのモデルの最後の1つは4.7インチディスプレイのモデルになるそうです。

こちらはデュアルカメラは搭載せず、シングルカメラのモデルになるとか。

わざわざOLEDとLCDのモデルを分ける理由は?

なぜ5.5インチのモデルを2つ作り、OLEDとLCDディスプレイを分けるのかについてはわかっていません。

もちろん、特性が違うのは確かなのでユーザーの好みはあるのでしょうが、アップルとしてはモデルが1つであるほうが良いでしょう。

もしかすると、OLEDとLCD以外にも何か違いがあるのかもしれませんね。

iPHone 8世代は他に、

  • ガラスの背面ケース
  • カーブしているスクリーン
  • 指紋センサーがディスプレイに統合

という特徴があるといわれています。10周年を飾るにふさわしいモデルになるのか、今から楽しみです。

スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする