iPhone 8 世代には4.7インチ/5インチ/5.5インチの3モデルが含まれる?10周年記念のiPhoneはどのようなものになるか?

シェアする

iPhone 7が出たばかりですが、すでに来年の噂です。

2017年に登場が予想されるiPhone 8では3つのディスプレイサイズのモデルが登場するとか。

スポンサーリンク
広告336×280

全面ガラス+有機EL液晶で刷新されるiPhone 8

この噂によると、iPhone 8は全面ガラス筐体に有機EL(AMOLED)の液晶が搭載されるそうです。

筐体の素材が変わると見た目も大きく変わるでしょうね。

そして、いつも通り4.7インチ版のiPhone 8と5.5インチ版のiPhone 8 Plus(?)が用意されるとか。

5インチ版のiPhone 8はiPhone SEの第2世代版?

これに対して、5インチ版のiPhone 8の立ち位置は何なのでしょうか?

上記の記事によると、5インチ版のiPhone 8はiPhone SEの第2世代版として登場するのではないかと予想しています。

iPhone SEはそれなりに売れているようなので、この安価な路線を継続したいという気持ちはAppleにもあるのでしょう。

しかしながら、せっかく4インチの小型版という特徴があったのに、それを5インチにするのはもったいない気もします。

また、もともとiPhone SEはiPhone 5sの資産を活かして開発されたような節がありますが、新たな5インチを専用に立ち上げるかというと疑問が残る気もします。

10周年を祝うiPhoneはどのようなものになるのか?

これから次々とiPhone 8のうわさが出てくるのでしょう。

そもそも名前もiPhone 8なのか?10周年だからiPhone 10とか特別な名前になる可能性もあります。

逆に、この10周年のiPhoneがあまり面白くないものだと、世の中の流れとしてスマホの進化は終わりという印象が人々についてしまうかもしれません。

そういった意味でも10周年版iPhoneは楽しみですね。注目していきたいと思います。

スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする