iPhone8には3D Touch用に新しい圧力センサーが搭載される

シェアする

iPhone

2017年のiPhoneの機能的なうわさはかなり出回り、発売が近づくにつれて内部部品の話題も出るようになりました。

今回のうわさは3D Touch用のセンサーが新しくなるという噂です。

スポンサーリンク

より広い範囲の圧力を検出できるフィルムセンサーを採用

9to5 Macによると、2017年のiPhone8(仮)には新しいフィルムセンサーが3D Touch用に搭載されるそうです。

1つの目的は指による圧力をより正確かつ広い範囲で検出するためです。これまで搭載されていたFBCBセンサーに比べてフィルムセンサーはこの点が優れているとか。

また、そもそもiPhone8で採用される有機ELディスプレイが曲げられるものなので、既存の3D Touch用圧力センサーではだめだとか。

有機EL液晶を守るために金属部品を追加

また、有機ELディスプレイ(OLEDディスプレイ)の採用に伴い、金属の部品で筐体を強化するそうです。

2017年版 iPhone (iPhone8? iPhone X?) の噂まとめ
2017年はiPhone誕生10周年にあたり、アップルも気合を入れているのではないかといわれています。 2017年が始まった時点で、現在流...

有機ELディスプレイは通常の液晶ディスプレイに比べて圧力によって壊れやすいらしく、圧力のかかる3D Touchのサポートには必要だとか。

この金属部品が外から見えるものなのか同課は不明だそうです。

地味だけど重要な変更

こういった変更はスペックにはあらわれないので地味ですが、長く端末を安全に使うには重要な施策かと思います。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする