iPhone8に新しいレーザーセンサーを使った顔認識機能が実装される?

シェアする

iPhone

最近のiPhoneには指紋認証が機能が実装されており、手軽に高いセキュリティを実現することができます。

2017年に発売がうわさされてる新しいiPhoneではこれに加えて顔認識機能が実装されるといううわさが出てきました。

この顔認識機能は新しいレーザーセンサーで実現されるとか。

スポンサーリンク

レーザーセンサーと赤外線センサーで実現される顔認識

9to5 Macによると、この新しい顔認識機能は新たに実装されるレーザーセンサーと赤外線センサーで実現されるそうです。

アップルはすでに機械学習を使った顔認識機能を写真等に使っていますが、本体のセンサーを使った顔認識は実装されていません。

顔を認識するならカメラを使うかと思いきや、レーザーを使う理由は述べられていません。フロントカメラによる写真だと、印刷した顔画像でも認識してしまうため、距離が測定できるレーザーセンサーを使用するのかもしれません。

ロック解除等のセキュリティ用途に使う?ARに使う?

このレーザーセンサーを使った顔認識機能の使い道については、ロック解除等のセキュリティ用途や、アップルがサポートすると公言しているAR用途ではないかと推測しています。

すでにiPhoneにはTouch IDという指紋認証機能が実装されています。さらに、iPhone8ではそれが物理ボタンではなくディスプレイに埋め込まれ、ディスプレイのどこを触っても指紋認証が可能になるのでは?といわれています。

2017年版 iPhone (iPhone8? iPhone X?) の噂まとめ
2017年はiPhone誕生10周年にあたり、アップルも気合を入れているのではないかといわれています。 2017年が始まった時点で、現在流...

これに加えて顔認識機能がサポートされれば、選択肢を増やすだけでなく、さらにセキュリティを強化することにもつながるのでしょう。

AR用途はどのように使うかわかりませんが、顔の向きを認識するとかでしょうか?

追記: このセンサーにはLumentumという会社の技術を使うようです。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする