OSシェアでAndroidがWindowsに急接近 インターネットを利用するOSシェアランキング

シェアする

計算

ついこの前まではWindowsが世界のインターネットを席巻していましたが、それはすでに過去の話のようです。

AndroidのシェアがWindowsに肉薄しているとか。

しかも、ここ5年間で急激な変化です。

スポンサーリンク

2012年の2.2%から2017年には37.4%に急上昇

StatCounterによると、インターネットを利用する機器をOS別に統計を取ると以下のようになるそうです:

インターネットを利用するOSシェア

(StatCounterより)

2017年2月にはWindowsが38.6%で首位ですがAndroidが37.4%と肉薄しています。

しかも、Androidは2012年2月にはわずか2.2%のシェアしかなかったにもかかわらず、5年間で急激な伸びを見せています。

2012年には82%のシェアを持っていたWindowsの凋落

一方、Windowsは2012年には82%のシェアを持っていて、圧倒的な強さを誇っていました。

それがわずか5年で抜かれつつあるという結果となっています。

しかしながら、依然としてWindowsはパソコンからのインターネットアクセスという観点では84.1%の高シェアを誇っているそうです。

アメリカやヨーロッパではWindowsが依然として強い、アジアが影響

この理由としては、やはり、スマホの普及があげられるそうですが、アジア市場の伸びも影響しているとか。

地域ごとに見ると、北米地域ではWindowsのシェアが40.7%、ヨーロッパではWindowsのシェアが51.8%と依然として強さを保っています。

一方でアジアではAndroidが過半数をこえる51.8%のシェアを持っておりWindowsは29.8%でしかないそうです。

スマホ登場前からWindowsが普及していた地域と、スマホとともにインターネットが普及した地域の差でしょうか。

来年にはAndroidに抜かれる?

Windowsはすでにパソコン市場を制していますので、この流れを変えるにはスマホ市場でシェアを伸ばすしかありませ。

しかしながら、Windows Phoneは現在かなり苦しい状況となっています。

Windows Phoneのシェアが1%未満に 2016Q4のスマホ向けOSシェア
かろうじて生き残っていたWindows Phoneですが、かなり苦しくなってきました。 2016年第4四半期のスマホ向けOSシェアにおいて...

もう来年には首位が入れ替わってしまうかもしれませんね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする