Zenfone Selfie からのスマホ買い替え計画 候補と選定

シェアする

前回の記事でZenFone Selfieからのスマホ買い替え計画を進めています。

Zenfone Selfie からのスマホ買い替え計画 大画面は正義?
長らく使ってきたZenfone Selfie(ZD551KL)ですが、そろそろ買い替えたいという欲求が強くなってきました。 今度は大画面の...

色々なスマホが出ている中でスペックや評判から3機種候補を選んでみました。

スポンサーリンク

買い替え候補としたスマホ

1.ASUS ZenFone 3 Ultra

1つ目はASUSのZenFone 3 Ultraです。

特徴は何といっても画面が6.8インチと大きいこと。

昔持っていたNexus 7が7インチなのでほぼ同じ画面サイズです。そう考えるとほぼタブレットか。

実は大画面が良ければタブレット+ガラケーでもいいかな?と思って調べてみたのですが、タブレット市場は現在縮小傾向にあり、各メーカーとも気合が入っていません。

2016年のタブレットのシェアはアップルが首位を保ちサムソンが大きく落とす
2016年のタブレットデバイスの出荷台数シェアの情報です。 アップルが首位を保つ一方、サムソンがシェアを落としています。 また、タブレッ...

カメラがしょぼいものしか搭載されていなかったり、アップデートされずに放っておかれたりといまいちです。

このため、「大画面のスマホ」を探したところこのZenFone 3 Ultraに行きつきました。

大画面なのに解像度がFullHDと抑えられており、かつバッテリーが大容量なのでバッテリーの持ち時間も期待できそうです。

欠点としては当然ながらサイズと重さが半端ないところですね。。。また、CPUもハイエンドのものではなくミドルハイのものなのでそこそこの速さかもしれません。

2.Huawei Mate9

2つ目の候補はHuaweiのMate9です。このスマホも5.9インチと大画面のスマホです。

しかしながら、最近のスマホの進化のおかげか、なんとサイズが今使っている5.5インチのZenFone Selfieとあまり変わりません(後ほどまとめます)。

また、カメラにこだわっておりライカと協業したデュアルカメラが搭載されています。しかも、1つはカラー、1つはモノクロというこだわりぶり。これは私の目的と合致していていいです。

バッテリーも4,000mAhと大容量でバッテリーの持ちも期待できそうです。しかしながらこのために重さは重くなってしまうのは悩みどころですね。

CPUはハイエンドのものを搭載していますので動作は軽そうです。

3.ZTE AXON 7

最後がZTEのAXON 7です。

このスマホは何といっても音にこだわっているところがポイントです。本格的なオーディオ機器に搭載されるDACを使っていたり、前面のスピーカーもステレオでスマホにしてはいいものを使っているそうです。

また、画面サイズは5.5インチZenFone Selfieと変わりませんが、解像度が2,560×1,440と高精細です。かつ、有機ELディスプレイを使っているので液晶よりも鮮やかとか。

こちらもスマホの進化のおかげで同じ5.5インチなのにZenFone Selfieよりも小型です。

さらに、Googleが開発しているVR環境であるDayDreamにも対応しているというロマンがあります。

CPUも高速なSnapdragon 820ですし、あまり欠点は見当たりません。しいて言うなら、ディスプレイサイズが5.5インチと今と変わらないところでしょうか。

3つの候補+ZenFone Selfieを比較

そんなわけでこれらのスマホをスペックから比べてみました。

  ZenFone 3 Ultra Mate9 AXON7 ZenFone Selfie
CPU Snapdragon 652 Kirin 960 Snapdragon 820 Snapdragon 615
RAM/ROM 4GB/32GB 4GB/64GB 4GB/64GB 2GB/16GB
ディスプレイ 6.8インチ@1920×1080ピクセル 5.9インチ@1920×1080ピクセル 5.5インチ@2560×1440ピクセル(有機LE) 5.5インチ@1920×1080ピクセル
アウトカメラ 2,300万画素 1,200万画素+2,000万画素(デュアルカメラ) 2,000万画素 1,300万画素
バッテリー 4,600mAh 4,000mAh 3,250mAh 3,000mAh
サイズ 186.4 x 93.9 x 6.8 mm 156.9 x 78.9 x 7.9 mm 151.7 x 75 x 7.9mm 156.5 x 77.2 x 10.7 mm
重さ 233g 190g 175g 170g
OS Android 6.0 Marshmallow Android 7.0 + EMUI5.0 Android 6.0(7.0へのアップデート予定) Android 5.0(6.0へアップデート済み)
実売価格 約60,000円 約60,000円 約55,000円
その他 apt-x対応、他の機器へ給電可能 デュアルカメラでボケや光学ズーム対応、ライカレンズ 高音質DAC搭載、VR対応、2年間の水没も含めた無料保証あり  

他に対して優れているところを赤字にしてみましたが、どの機種も一長一短ですね。ZenFone Sefieが重さぐらいしか優れていないところがちょっと悲しい。。。

前回のスマホを選定するポイントに対して比較すると、

画面が5.5インチ以上

これはすべて満たしています。解像度の点ではAXON7が最高ですが、インチではZenFone 3 Ultraが最大です。

ただ、ZenFone 3 Ultraは常用するには大きすぎるかつ重すぎる気も。。。

RAMは3GB以上、CPUも高速

これもすべて満たしています。

CPUはMate9とAXON7がよさそうです。ZenFone 3 Ultraのもゲームはしないので十分かな。

カメラが高画質

これも今よりはよくなります。

おそらく、Mate9のデュアルカメラが最も画質が良くなるのではないかと予想しています。2,000万画素もいらないですし、画素数が少ないほうが暗所には強くなるので。

バッテリーの持ちがいい

これはZenFone 3 UltraかMate9でしょうね。

ZenFone 3 Ultraは画面が大きいので、使っている間はMate9の方が持ちがいいかも。

音にはこだわりたい

これはAXON7の一択でしょうね。

ただ、Bluetoothの無線イヤホンを使おうとするとapt-xに唯一対応しているZenFone 3 Ultraがいいという。。。

非常に悩ましい選択に。。。

どれもこれも一長一短で悩ましい展開になりました。

最後は勢いで決めるしかないのでしょうが、一度買ったらそうそう買い替えない(予定)なので余計に悩みます。

次回、どの機種にしたかの記事を書く予定です。

(追記): 買い替えました!

Zenfone Selfie からのスマホ買い替え計画 Huawei Mate9購入
前回の記事で3つの買い替え候補を挙げていました。 かなり悩みましたが最終的にHuaweiのMate9を購入しました。 まだ使い始めた...
スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする