Zenfone Selfie からのスマホ買い替え計画 大画面は正義?

シェアする

Zenfone SelfieとFREETEL MIYABIのサイズ比較

長らく使ってきたZenfone Selfie(ZD551KL)ですが、そろそろ買い替えたいという欲求が強くなってきました。

今度は大画面のスマホにしようかなと思って下調べです。

スポンサーリンク

ZenFone Selfieの良かった点、悪かった点

まずはこれまで使ってきたZenFone Selfieの良かった点と悪かった点です。

良かった点

思いつくのはこんな感じです:

  • カメラのオートフォーカスが高速でそこそこきれい
  • フリップカバーの開閉によるロック解除が便利
  • 厚みとフリップカバーのおかげで取り落とすことがない
  • 5.5インチ FullHDのディスプレイがきれい
  • 地味にapt-xに対応
  • スペックが購入した価格に対して高い

ZenFone Selfieの前はFREETEL MIYABIを使っていたので、それとの比較という感じになってしまっています。

悪かった点

一方、悪かった点は以下になります。よかった点をぶち壊してしまう内容です。。。

  • カメラアプリの起動が遅い上に、シャッターを切ってもすぐに切れないことがよくある
  • アプリの切り替えや起動がやたらと遅い
  • 厚い上にフリップカバーの素材のせいでポケットへのおさまりが悪い
  • フリップカバーを開けた時に持ちづらい

カメラの起動の遅さはかなり致命的でした。何か撮影したいものがあった時に、急いでカメラを立ち上げようとするのですが、まずアプリがなかなか立ち上がらない。体感的には5~10秒ほどかかる気がします。

さらに、起動して素早いオートフォーカスがで焦点があったとしても、そのあとシャッターがなぜかなかなか切れません。シャッターボタンは推せるのですが、なぜか遅れて撮影されます。

一応カメラを売りにしているスマホなのですから、ここはこだわってほしかったですね。。。

また、全体的なレスポンスの悪さも不満の1つです。アプリが起動してしまえばスクロール等に不満はないのですが、起動や切り替えがやたらと遅くストレスになります。RAMが2GBしかないのが悪いという話もネット上にあったのですが、海外版の3GBのモデルであればこんなことはないのでしょうか?

フリップカバーもアイデアや機能はいいのですが、もう一歩感が否めません。

良かった点、悪かった点を踏まえて次のスマホに求めること

これらの点を踏まえて、次のスマホに求めるのは以下の点です。

5.5インチよりも大画面

これまで使っていたFREETEL MIYABIの5インチやPolaroid piguの3.5インチに比べて、5.5インチ@FullHDの液晶はやはり見やすくて使いやすかったです。

スマホはやはり大画面による情報の閲覧性が大事だと思いました。

もっと大きくてもいいかな、と思うので5.5インチよりも大画面を目指したいと思います。

RAMは3GB以上、CPUもできればより高速なものを

とにかくZenFone Selfieのレスポンスの悪さには辟易していたので、これを解消したいと思います。

RAMが2GBは心もとないので3GB以上、CPUもより高速なものであれば安心できるかと。

カメラが高画質なもの

ZenFone Selfieを使って、スマホのカメラの進化には驚きました。

もうこの際なので、単体のデジタルカメラを捨ててスマホのカメラに一本化したいと思います。

このためにはそれなりに高画質なものにしたいです。

バッテリーの持ちがいいもの

ZenFone Selfieもそれほどバッテリーの持ちが悪かったわけではないですが、バッテリーが持たないのものは避けたいかなと。

音にもこだわりたい

音楽を聴くことよくあるのでできれば高音質なものにしたいとも思います。

apt-xに対応しているとうれしいかな。

なんとなくミドルハイ~ハイエンドのスマホを買うことになりそう。。。

これらの自分の要求を見ると、どうもミドルハイからハイエンドのスマホを買ってしまうことになりそうです。

うーむ、Polaroid piguに始まり、どんどん購入するスマホの価格が上がっているような。。。

次回、候補となったスマホの比較と選定をしたいと思います。

(追記):候補を出して比較してみました

Zenfone Selfie からのスマホ買い替え計画 候補と選定
前回の記事でZenFone Selfieからのスマホ買い替え計画を進めています。 色々なスマホが出ている中でスペックや評判から3機種候...
スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする