新生NokiaのハイエンドAndroidスマホ “Nokia8” は光学出ぶれ補正付きの高画質カメラ搭載?

シェアする

Android

一度スマホ市場から撤退したNokiaが再度Androidスマホに参入します。

そのラインナップのミドルレンジモデルであるNokia6についてはスペックがリークされてきましたが、今度はハイエンドモデルの噂です。

名前がNokia 8 と推測されるこの端末には高機能かつ高画質のカメラが搭載されるようです。

スポンサーリンク

物理ボタン無しの防水防塵スマホ?

Pocket-lintによると、リークされたNokia8には物理ボタンがなく、噂されていたIP68相当の防水防塵機能が実装されるのではないかとのことです。

また、ミドルレンジモデルのNokia6がそうであるように、Nokia8も金属製筐体のようです。

新生ノキアのAndroidスマホは "Nokia 6" スペックは平凡だがかっこいい
一時期は世界の携帯電話市場のトップシェアを誇っていたNokiaでしたが、スマホブームに乗り遅れ、一時この分野から撤退していました。 そんな...

光学手ぶれ補正つきの2,400万画素カメラ搭載

また、このハイエンドモデルにはこだわりのあるカメラが搭載されるようです。

画素数は2,400万画素とかなり高く、かつ光学手ぶれ補正がついています。スマホのカメラは暗いところでとるとどうしても手ぶれが起きてしまいますが、光学手ぶれ補正があるとかなり抑えることができます。

また、カメラのレンズにはカールツァイス社製のものを採用する可能性が高いとのことです。

これに加え、カメラモジュールには “HRM” という表示があります。これは、”High Resolution Monochromatic”の略と推測され、カラーのカメラに加えてモノクロ専用のカメラを搭載することにより画質を向上する技術と推測されます。同様の技術はHuaweiのスマホが搭載しています。

カメラ以外のスペックももちろんハイエンド

カメラだけでなくスマホとしてのスペックもハイエンドのようです。まだうわさ段階ではありますが、以下のようなスペックのようです:

CPU Snapdragon 821 or 835
RAM/ROM 4 or 6GB/64 or 128GB
ディスプレイ 5.7インチ@QHD(2,560×1,440ピクセル、有機EL)
カメラ 2,400万画素/1,200万画素

大きな驚きはないが十分ハイスペックなフラッグシップモデル

今のところリークされている情報ではNokia8にはそれほど大きな驚きがあるとは言えません。

しかしながら、フラッグシップとしては十分なスペックを備えており、他社に対して決して引けをとらないものにはなりそうです。

後は過去に市場を支配したNokiaブランドがどれだけ通じるかでしょうか。

新生Nokiaのスマートフォンは2017年2月に開催されるMobile World Congress 2017(MWC2017)で発表されるといわれています。詳細を知る日は遠くありません。

(追記): Nokia3, 5, 6がMWC2017で発表されました。Nokia 8は発表されなかったようです。

Nokiaが新しいスマホを発表 Nokia 3, 5, 6の違いとは?
かつてはほぼ天下を取っていたのにその後没落してしまったNokiaが再興です。 MWC2017でNokiaの新しいスマートフォンが3種類発表...
スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする