LINE MUSICの通信が使い放題の “MUSIC+プラン” が提供開始、ちょっと高いか?

シェアする

月額制の音楽ストリーミングサービスはかなり市民権を得てきた感があります。

そんなサービスの1つであるLINE MUSICを提供するLINEが、同社のLINEモバイルでLINE MUSICの通信が使い放題になるプランを発表しました。

どれくらいお得になるのでしょうか?

スポンサーリンク

ストリーミングサービスだけでなく、ダウンロードやSNSもカウントフリーに

このMUSIC+プランでは、LINE MUSICのストリーミングだけでなく、LINE MUSICの楽曲ダウンロード、LINE、Twitter、Facebook、Instagramのパケット通信が無制限になるそうです。

ありがたいことに、ストリーミング再生時には通信速度が自動的に調節されるそうで、ストリーミング再生中や楽曲ダウンロード中でもほかの通信が邪魔されることなく可能だとか。

ただし、音質設定に関しては「品質-中」が推奨で、「品質-高」は長時間利用すると通信制限が発生する場合があるそうです。

また、LINE MUSICの利用料金はMUSIC+プランの料金には含まれず別途必要だそうです。

通常の料金に300円~710円追加

このMUSIC+プランは、通常のプラン(コミュニケーションプラン)に300円~710円追加した料金設定となっています。

料金を比較すると以下のようになっています:

容量 データSIM 音声SIM データSIM(MUSIC+) 音声SIM(MUSIC+)
3GB 1,100円 1,690円

1,810円

(+710円)

2,390円

(+700円)

5GB 1,640円 2,220円

2,140円

(+500円)

2,720円

(+500円)

7GB 2,300円 2,880円

2,700円

(+400円)

3,280円

(+400円)

10GB 2,640円 3,220円

2,940円

(+300円)

3,520円

(+300円)

月当たりの通信量が多いプランほど追加料金が安くなっています

外出先で新しい楽曲をストリーミングする人にはいいプラン、LINE MUSICの割引がほしいか?

この新しいMUSIC+プランは、外出先でストリーミングを使って新しい楽曲を探したい人にはありがたいプランです。

LINE MUSICの品質-中は192kbpsなので、大体40秒で1MBになってしまいます。いい音で通信量を気にせずに音楽が聴けることは、音楽に集中することにもつながり、さらに音楽を楽しめるかと思います。

音楽ストリーミング時の通信速度が自動的に調整される点もありがたいです。

一方、曲はWi-Fi環境で探しダウンロードしたものを外で聴くというユーザーにとっては不要なプランになるかと思います。

また、せっかくLINE MUSICを運営している会社のMVNOなので、他社との差別化で、LINE MUSICの割引や月額料金込みで安いプランを発表してもいいのではないかとも思います。

正直、今回のプランはちょっと高いかな?という印象を受けています。3GBのMUSIC+プランが、5GBの従来プランよりも高いので、単純計算で2GB分のストリーミングをしなければお得ではないということになります。また、ストリーミングを外でガンガン使う、というユーザーはそれほどいないのではないかと。。。

独自性を発揮する必要のあるMVNOとしては、他社にまねできないプランを追求してほしいものです。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする