050plus アプリ プッシュ通知対応後の通話実験

シェアする

昨日のブログでは自宅の電話からかけてみましたが、今日は050plus同士の通話を試してみました。

スポンサーリンク

着信までの時間

予想通り(?)、留守電設定をしていると一瞬で留守電になってしまって電話をとる暇がありませんでした。。。昨日のブログにも書きましたが、プッシュ通知がきてから050plusアプリを立ち上げにかかるので、立ち上げ時間が留守電待ち時間から削られてしまうんですね。

ガイドには留守電に入るまでの時間を15秒以上にしろと書いてあるのですが、20秒にしても厳しいです。しかも、相手にかけなおしても、相手もすぐに留守電に入ってしまうという無限ループ状態。白ヤギさんから届いた手紙を黒ヤギさんが食べてしまう気分です。とりあえず30秒にしてみましたが、どうなることやら。

通話について

音質についてはそれほど気になりませんが、遅延がちょっと大きすぎる印象を受けました。お互いにPolaroid Piguなので3G接続であるせいもあるかもしれませんが、ニュースで外国からの中継を見ているようです。トランシーバーみたいにしゃべり終わりに「~。どうぞ。」とかつけないとだめかもね、とか笑ってました。まあ、こういうものだと思ってしまえばそれほど問題ないかもしれません。長くて重要な話をするには厳しい印象を受けましたが、ちょっと連絡程度に電話をするには十分かと。

まとめ

というわけで、使い始める方はぜひ留守電に入るまでの時間設定を見直してください。機種によって050plusアプリが立ち上がる時間が違うので、050plusを常用される方は実験を繰り返したほうがいいかと思います。

バッテリーについては今のところ問題を感じていません。とはいえ、まだ2日なのでこれからもチェックしていこうと思います。

追記:後日談を書きました。
追記2:Battery Mixを使って電池消費を測定してみました。

追記3:着信までの時間が改善されたように思います

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする