トップページをリニューアルしました

iOS13とmacOS CatalinaでオフラインのiPhoneの場所を探せるように セキュリティ的には大丈夫?

iPhone iOS
iPhone

新たにリリースされるiOS13とmacOS Catalinaの新機能の1つとしてオフライン状態のiPhoneの場所を探せるようになります。便利そうには聞こえますが、セキュリティ的には大丈夫なのでしょうか?

スポンサーリンク

今はインターネットにつながっているiPhoneしか探せない

今でも自分のiPhoneを無くした時は「iPhoneを探す」機能を使って場所を特定することができます。

しかしながら、これはそのiPhoneがWiFiあるいはSIMでインターネットにつながっているときのみ可能です。

オフラインになってしまうと場所を特定することはできません。

近くのApple製機器にBluetoothで通信して場所を発信

しかしながら、iOS13およびmacOS Catalinaからはオフライン状態でも場所の特定が可能になります。

具体的には、Apple製の機器が互いにBluetoothで勝手に通信を行い、場所の情報をオンラインの機器を経由してインターネットに発信します

これにより自分のデバイスがオフラインでもBluetoothで通信可能な範囲内にオンラインの機器があれば場所をインターネットに送信できます。

必ずしもつながった先の機器が直接オンラインである必要はなく、そのさらに先の機器ともBluetoothで通信を行っていくようです。

位置情報は暗号化されるのでアップル製デバイスを2台持っている必要がある

この位置情報は個人情報でもあるので安易にインターネット上にアップロードされると大変なことになります。

このため、位置情報は暗号化され、暗号を解く鍵を持っているデバイスでのみ位置情報を解読することができます

しかしながらこの制約のため、オフラインで自分のiPhoneを探すにはもう1台アップル製のデバイスを持っている必要があるそうです。

この「もう1台」というのにWindowsからiCouldにログインしたらどうなるかとかは不明ですが、しっかりしたセキュリティのための制約といったところでしょうか。

友達や家族のiPhoneも探せるように

iOS13でのiPhoneを探すアプリでは友達や家族のiPhoneも探せるようになるそうです。

これなら外出先でiPhoneを無くしても登録した友達や家族がいればすぐに探すことが可能になります。

オフライン状態のiPhoneについてどうなるかは不明ですが、おそらく探せるのでしょう。

紛失や盗難の被害から少しでも安全になりそう

オフライン状態のiPhoneが探せるとはいっても、電波が来てなくて近くに通信可能状態のアップル機器がなければさすがに探せないようです。

ということは、たとえば山奥に落としてしまったiPhoneは探せないし、盗まれても電源を落とされてしまったら探せないということになります。

しかしながら、盗んだiPhoneを使ってみようとしてSIMを抜ても、電源を入れた瞬間に見つかる可能性は高いですし、前に比べれば見つかる可能性は高まったといえます。

多くの機器を統一されたプラットフォームで販売しているアップルならではの機能といえそうです。

もう少しインフラの方が発展してBluetoothビーコンがそこら中に置かれるようになればすべてのスマホでも使えるようになるかもですが、当面はiPhoneとiPadが紛失や盗難に最も強いスマホといえるかもしれません。

iOSガジェットスマホ
スポンサーリンク
関連記事
このブログをフォローする
ガジェットスマホタブ好き!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました