マイクロソフトが折り畳み可能なモバイルデバイスの特許を取得

シェアする

Windowsストア

マイクロソフトのWindows 10 Mobileはシェアを落とし続け、風前の灯火状態です。

しかし、マイクロソフトはまだこの市場をあきらめていないらしく、興味深い特許を取得しました。

なんと、折りたたむことでタブレットにもスマホにもなるデバイスのようです。

スポンサーリンク

2つもしくは3つのヒンジを持つモバイルデバイス

Windows Centralによると、このデバイスは2つもしくは3つのヒンジをもつモバイルデバイスのようです。

そして、折りたたんでいるときはスマホとして、広げた場合はタブレットとして使えるようです。

確かに、電車の中で立っているときや、ちょっとだけ情報を確認したい場合はスマホがいいですが、座ったりしてじっくり情報を見たい場合や編集作業をするときはタブレットの方がありがたいです。

折りたたむことでどっちにもなるデバイスがあればなかなか便利ではないでしょうか。

Surface Phoneが折り畳みになるかは不明

ただ、この特許はあくまで特許ですので、うわさされるSurface Phoneが折り畳み可能なデバイスになるかどうかはわかりません。

Windows 10 Mobileのシェアに苦しむマイクロソフトとしてはこれくらいの思い切った手を打ってもいいと思うのですが。。。

2016年11月時点でのスマホのOS別シェアが発表 iPhoneがシェアを伸ばしWindowsは世界中で不調
Kantarによる2016年11月時点での世界の各地域でのスマホのOS別シェアが発表されました。 全体的にiPhoneがシェアを拡大し、W...

また、ARMでもデスクトップ版Windows 10が動くようになるという流れにもあっているように思います。

新しいハイエンドスマホ向けSoC Snapdragon 835 が登場 デスクトップ版 Windows 10 にも対応
QualcommのSnapdragonシリーズといえば、多くのスマホに搭載されているデファクトのSoCです。 そんなSnapdragonシ...

ながらくパソコン業界の盟主であったマイクロソフトにはぜひスマホ業界を一新するようなデバイスを発表してほしいものです。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする