Google の Project Fiはキャッシュバック方式が面白い

シェアする

projectfi

Google がついにMVNO事業を発表しました。Project Fiというそうです。

スポンサーリンク

キャッシュバックに特徴がある

料金は、月額の20ドル基本プランに、月1GB/10ドルのデータ通信の料金が必要だそうです。未使用分は次の月にクレジットとして追加されるそうです。

と書くと日本のMVNOがやっている、通信容量の繰り越しと同じように思えますが、実は通信容量ではなく、お金がキャッシュバックされるのがミソのようです。

繰り越し分は、1MBを1セントと計算されるとか。

たとえば、月2GB=20ドルの設定をしていたとして、800MB(=8ドル)あった場合は、翌月のデータ料金は設定している20ドルから8ドル差し引いて請求されるそうです。

使わなかった分を現金で返してくれるのはありがたい

これはうれしいですね。正直、通信量を繰り越されても、前の月で使わなかったものを次の月で使い切ることはまずありません。

それよりは、Googleのやっているように、料金を割り引くことで「実質的に」通信量を繰り越せるほうがユーザーにとってはメリットが大きいかと。

日本にもこの方式が広まってくれるとうれしいのですが。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする