2017年版 MacBook Pro には32GB RAMモデルが登場

シェアする

Mac

思ったよりも売れたといわれているMacBook Proですが、2017年も最新CPUを搭載してリニューアルされるようです。

その中には32GBものRAMを搭載するモデルもあるとか。

スポンサーリンク

2017年にIntelのKaby Lake搭載モデルが登場

9to5 Macによると、2017年もMacBook Proのリニューアルがあり、Intelから発表された最新のKaby Lake世代のCPUへとアップグレードされるようです。

この新しいモデルは2017年の第3四半期から生産が開始されるとか。

RAM容量が32GBのモデルが登場

そして、この2017年版のMacBook Proには32GBもの大容量RAMを搭載するモデルが登場するそうです。

この32GBのオプションは15インチディスプレイモデルにのみ用意され、13インチモデルには用意されないとか。

ちなみに、2016年のMacBook Proは16GBまでしか用意されませんでした。これは、バッテリー寿命を延ばすためであると上記の記事では述べています。

Touch Bar搭載モデルが好調のMac

賛否両論あるTouch Barですが、売れ行きは予想よりもいいそうです。

逆に、13インチのTouch Bar非搭載モデルの売れ行きが予想よりも悪いとか。このため、アップルがこのモデルの値下げを行うのではないかと予想しています。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする