Windows Phoneのシェアが1%未満に 2016Q4のスマホ向けOSシェア

シェアする

計算

かろうじて生き残っていたWindows Phoneですが、かなり苦しくなってきました。

2016年第4四半期のスマホ向けOSシェアにおいてWindowsのシェアが1%を大きく割り込みました。

BlackBerryも0.1%を切り、AndroidとiOS以外はほぼ全滅です。

スポンサーリンク

出荷台数が4分の1以下になったWindows Phone

MS Power Userによると、2016年第4四半期のスマホ向けOSシェアランキングは以下のようになったそうです(単位は百万台):

OS 2016Q4 2016Q4シェア 2015Q4 2015Q4シェア
Android 352.7 81.7% 352.4 80.7%
iOS 77.0 17.9% 71.5 17.7%
Windows 1.1 0.3% 4.4 1.1%
BlackBerry 0.2 0.0% 0.9 0.2%
その他 0.5 0.1% 0.9 0.2%
合計 431.5 100.0% 403.1 100.0%

AndroidとiOSが2強であり、その両者の関係は大きくは変わっていません。

しかしながら、これまでAndroidとiOS「以外」のOSとして存在していたWindowsとBlackBerryのシェアが大きく下がっています

両者ともに出荷台数が4分の1以下となり、シェアもそれに伴って激減しています。

Surface PhoneやARMで動くWindows 10でシェアを挽回できるか?

かなり瀬戸際に追い詰められたマイクロソフトですが、2つの挽回策がうわさされています。

1つはSurface Phoneのリリースです。

マイクロソフトのSurfaceスマホ "Juggernaut Alpha"のスペックがリークされる
マイクロソフトが発売するといわれているSurfaceスマホ、コードネーム"Juggernaut Alpha"のスペックがリークされました。か...

2-in1 PC市場では強いSurfaceブランドをどこまでスマホに持ってこれるかが勝負でしょう。

また、もう1つはARM上で動作するWindows 10です。

新しいハイエンドスマホ向けSoC Snapdragon 835 が登場 デスクトップ版 Windows 10 にも対応
QualcommのSnapdragonシリーズといえば、多くのスマホに搭載されているデファクトのSoCです。 そんなSnapdragonシ...

これらが1つになれば、パソコンとスマホでシームレスにアプリが動作することになりビジネス用途では強みになりそうです。また、個人ユーザーにとっても環境の統一という意味ではいいかもしれません。

再び第3極になれるか

Surface PhoneやWindows 10 on ARMがマイクロソフトにとっては最後の挽回のチャンスとなるのでしょう。

果たして予定通りに事が運ぶのか、AndroidやiOSにパソコン市場も取られてしまうのか、2017年は勝負の年になりそうです。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする