Zenfone Selfie (ZD551KL) の新ファームウェアに不具合?ダウングレード用ファームウェアが公開

シェアする

ASUSのZenfone Selfie(ZD551KL)のグローバル版にAndroid 6.0 Marshmallowへのアップグレード用ファームウェアが公開されて1か月ほど経ちます。

日本版にももうすぐ来るのか?と期待していたら残念なニュースです。

ASUSの公式ページにこのMarshmallowから以前のバージョンへダウングレードするためのファームウェアが公開されました。

何か致命的な不具合が発見されたのでしょうか?

スポンサーリンク
広告336×280

突然 “WW-51.15.40.1582(degrade)” が公開に

グローバル版にMarshmallowが配信され、次は日本版だと思っていたところ、あらたなファームウェアが公開になりました。

が、なんとそれはグローバル版のバージョンダウン用のファームウェアでした。

WW-51.15.40.1582(degrade)というバージョンのこのファームウェア、

This is downgrade firmware from Andriod M to Andriod L .

と書かれているのみで詳細が書かれていません。

でも、なんとなく致命的な不具合があったのではないか?という気がしますよね。

海外フォーラム上ではSMSの受信遅延やカメラの不具合が報告

海外版のファームウェアだから海外のフォーラムに何か情報があるかと思って探してみました。

すると、以下のような不具合が報告されていました。

SMSの受信が遅れる

通常、SMSの受信は電波状況が良ければすぐに行われますが、これが遅延してしまうそうです。

あらゆるパワーセービング機能をオフにしてもだめで、同じSIMを別のスマホに刺すと普通に受信できるそうです。

これは痛い不具合ですね。この不具合が原因でダウングレードファームウェアを公開したのかもしれません。

カメラがいろいろおかしい

フラッシュやISO感度の設定等、いろいろおかしいそうです。

その他

ユーザーインターフェースや、ジェスチャーによる操作、Windows 10とのBluetoothでの接続もおかしいとか。

新しいファームウェアがもうすぐリリース予定?

このフォーラムのスレッドでは、ASUSの中の人らしき人が、新しいファームウェアをすぐに出すから待ってくれと言っています。

今度はすべての不具合が解決しているといいですね。

OSのメジャーバージョンのアップグレードなのでいろいろ難しいのでしょうが。。。

そして、日本版も早く出してくれることを祈っています。

スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする