ついにAWAのアプリが8月24日にオフライン再生に対応

シェアする

AWA

8月上旬に対応すると告知しながらなかなか対応しなかったAWAアプリのオフライン再生機能ですが、8月24日についに対応すると発表されました

これで気兼ねなくどこでも音楽聞き放題が楽しめるようになりますね。

スポンサーリンク

これまではオフライン再生機能が一切なし

ライバルのLINE MUSIC、レコチョクBest、Apple Musicといったサービスはいずれもオフラインで楽曲が再生できるような仕組みがありました。

しかしながら、AWAは常にオンラインでの再生が必要であり、電波のないところで聞けなかったり、月々のデータ使用量を常に気にしながら音楽を聴く必要がありました。

定額音楽配信サービス「AWA」を試してみました
これまでMusic Unlimited、レコチョクBestと定額音楽配信サービスを試してみましたが、新たにエイベックスがAWAを開始ししまし...

せっかく「聞き放題」なのにある意味だいなしの状況でした。

後発だけに充実したオフライン再生機能

AWAはほかのサービスに遅れを取った分、充実したオフライン再生機能を用意しているようです。

キャッシュする音質を選択可能

これまでの定額音楽ストリーミングサービスでは、キャッシュするときの音質は低音質になることが一般的でした。

たとえば、今は亡きMusic Unlimitedでは、オンラインでは320kbpsが選択可能であるのに、オフラインでは常に48kbpsでしか再生できません。

AWAは64/96/128/320kbpsからキャッシュする曲の音質を選択可能だそうです。

スマホの容量が足りない場合は低音質を選び、余裕があれば高音質を選べるのは素晴らしいですね。

ただ、曲やアルバムごとに選べるわけではなく、一括で設定を行う仕組みのようです。これは少し残念ですね。クラシックの曲は高音質で聴きたいとか曲ごとに設定したいこともあるとは思うのですが。

追記:曲単位やアルバム単位でも音質の選択が可能だそうです。失礼しました。

キャッシュの単位を曲/プレイリスト/アルバムでそれぞれ可能

キャッシュする曲の単位の選択を、曲でもプレイリストでもアルバムでもそれぞれ可能だそうです。

自分の好みにあわせてキャッシュができるのは素晴らしい機構です。

キャッシュできる曲数に制限がない

最大でキャッシュできる容量が制限されているサービスもある中で、なかなか太っ腹といえば太っ腹な仕組みです。

キャッシュした曲を確認可能

キャッシュが完了した曲をアプリメニューの”Library”から確認可能だとか。

残り使用可能データ容量が少ない時にキャッシュした曲しか再生したくないことがあると思います。

そんな時に便利な仕組みです。

ますます定額音楽ストリーミングサービスの選択が悩ましくなる

これでまたAWAの欠点が減り、定額音楽ストリーミングサービスの選択が難しくなりました。

登録してから3か月はAWAも無料で使用できるので、一度試してみて気に入れば使うというのがいいでしょうね。

追記(8/24):無事にオフライン再生対応版がリリースされました。同時に月額料金の値下げも発表されています。

AWAが月額料金を値下げ
AWAが8月24日に待望のオフライン機能に対応したアプリをリリースしました。同時に、月額料金の値下げを発表しています。LINE MUSICや...
スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする