アップルが iPhone 6s および iPhone 6s Plus のバッテリー残量表示不具合を認める 回避方法の公開と修正へ

シェアする

iPhone

勢いがなくなったといわれながら人気のアップル iPhone 6sおよびiPhone 6s Plusですが、アップルが公式に不具合があることを認めました。

バッテリーの残量表示に不具合があるそうです。

スポンサーリンク

バッテリーの減りが正しく反映されない

9To5 Macによると、この不具合はバッテリーが減った際にそれが正しく表示に反映されないというものだそうです。

つまり、ユーザーから見ると、ディスプレイ上に表示されているバッテリー残量表示よりも実際の残量が少ないということになっています

この問題はユーザーの間では不具合だとささやかれていましたが、ついにアップルも公式にこの問題がiPhone 6s/6s Plusの不具合であると認めたようです。

バッテリー残量は充電を行うタイミングをはかるのに重要なので信頼がおけないのは困りますね。

サポートドキュメントで回避方法を公開

アップルはサポートドキュメントでこの不具合の起こる条件と当面の回避方法を公開しています。

不具合が起こる条件と現象

この問題はiPhoneの時計やタイムゾーン設定が変更されたときにおこるそうです。タイムゾーンの変更が自動的でも手動でも起こるそうです。

この状況において、バッテリーの残量表示が更新されなくなるとか。最も起こり得るのは海外旅行や海外出張の際でしょうか。国内でも試しに時計やタイムゾーンをかえてみたりするとあたるかもしれません。

回避方法

この事態に陥った時の回避方法は、

  1. 端末を再起動する
  2. 再起動後、設定の日付と時刻で「自動的に設定」がオンになっていることを確認

とすることだそうです。

アップルは修正を約束、バッテリー残量表示がおかしいと思ったら試してみてもいいかも

この不具合の修正をアップルはすでに約束しています。

現在iPhone 6sやiPhone 6s Plusを使っていて、バッテリーの残量表示が正しく更新されていないように感じたら試してみてもいいかもしれません。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする