アプリストアの2016年売り上げが大幅伸長 ゲーム以外では一位はSpotifyで二位はLINE

計算 Android
電卓
スポンサーリンク

アップルのApp StoreやGoogleのGoogle Playといったアプリストアはスマホユーザーならだれもが使うものです。

そんなアプリストアの売り上げはどんどん伸びており、2016年第4四半期には前年比67%も増加したとか。

どんなアプリが売れているのでしょうか?

スポンサーリンク

2016Q4に60%伸びたApp Storeと82%伸びたGoogle Play

Apple Insiderによると、2016年第4四半期のApp StoreとGoogle Playの売り上げの合計は87億ドルで、2015年第4四半期の52億ドルから67%も伸びています。

個別にみると、App Storeが2015年の34億ドルから2016年の54億ドルに売り上げが60%伸びGoogle Playが2015年の18億ドルから33億ドルに82%売り上げが伸びています

OSのシェアとしてはAndroidの方が圧倒的なのに、アプリの売り上げはiPhoneのApp Storeの方がかなり多いというのは興味深い点です。

2016年11月時点でのスマホのOS別シェアが発表 iPhoneがシェアを伸ばしWindowsは世界中で不調
Kantarによる2016年11月時点での世界の各地域でのスマホのOS別シェアが発表されました。 全体的にiPhoneがシェアを拡大し、Windowsが軒並みシェアを落とす結果となっています。 iPhoneが過去最高のシェアを達成 こ...

iPhoneはスマホの中でも高価格帯に属するスマホですので、ユーザーのアプリに対する購入意欲が高いということでしょうか。

ゲーム以外ではSpofityとLINEが強い

アプリの売り上げはゲームアプリが多いわけですが、それ以外に目を移すと以下のようなランキングになっているようです:

順位App StoreGoogle Play合計
1SpotifyLINESpotify
2NexflixTinderLINE
3LINEPandoraNetflix
4PandoraHBO NOWTinder
5HBO NOWLINE MangaPandora
6TinderKaKao TalkHBO NOW
7HuluLOVOOLINE Manga
8LINE MangaThumbtack ProiQIYI
9Sing! KaraokeAzarHulu
10YouTubeTurbo TaxSing! Karaoke

合計で首位になっているのは最近日本でもサービスが始まった月額制音楽ストリーミングサービスのSpotifyです。

しかしながら、第4四半期のみを見るとSpotifyのランキングはApp Storeで3位、合計で4位になっているそうです。App Storeの首位は動画配信アプリのNetflixになったとか。

また、2016年第4四半期のアプリ収入の首位はLINEだそうです。

ダウンロード数ではFacebook系が強い

一方、売り上げではなくダウンロード数の点では相変わらずFacebookが強いようです。

2016年のゲーム以外でのアプリのダウンロード数ランキングは以下のようになっています:

順位App StoreGoogle Play合計
1MessengerFacebookFacebook
2FacebookWhatsAppMessenger
3WhatsAppMessengerWhatsApp
4YouTubeInstagramInstgram
5SnapchatSnapchatSnapchat
6InstagramClean MasterUC Browser
7UberSB LED FlashClean Master
8Google MapsSHAREitYouTube
9iQIYIimoUber
10WeChatCM Securityimo

FacebookおよびMessengerはApp StoreでもGoogle Playでも強く、合計でワンツーフィニッシュを決めています。

ちなみに、2016年のアプリダウンロード数の合計は800億にもおよぶそうです。

コメント