サムソンが18.4インチの巨大Androidタブレット “Tahoe” を計画中

シェアする

Android

9To5 Googleによるとサムソンが18.4インチという巨大なディスプレイを備えたAndroidタブレットを計画しているとのことです。

一般的なノートパソコンよりも大きなディスプレイで何を狙っているのでしょうか?

スポンサーリンク

巨大なディスプレイに対して低い解像度

この巨大Androidタブレットはコードネーム “Tahoe” と呼ばれているそうです。モデル番号はSM-T670だとか。

特徴はもちろん18.4インチの巨大なディスプレイです。しかしながら、解像度は1920×1080ピクセルと普通のフルHDで、ピクセル密度は120ppiでしかないそうです。

このピクセル解像度は初代iPhoneよりも低いそうです。

これだけ大きなディスプレイだとデジカメの画像をピクセル等倍で見れるような機能を期待してしまいますが、割と低めの解像度なのですね。

スペックもハイエンドタブレット並み

その他のスペックも特別すごいということはなく、ハイエンドタブレット並みの性能のようです。

主なスペックは以下のとおりです:

CPU 8コア 1.6GHz(64bit)
RAM/ROM 2GB /32GB
ディスプレイ 18.4インチ 1920×1080ピクセル
カメラ 800万画素/210万画素
バッテリー 5700mAh
サイズ

451.8×275.8×11.9mm

OS

Android 5.1 Lollipop

なんというか、ディスプレイを除くと、拍子抜けするくらい普通です。

どのような用途に向けたタブレットなのだろう

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s

まだうわさ段階でしかないものではありますが、どのような用途を狙ったタブレットなのかわかりません。

重さについてはわかりませんが、サイズとバッテリーを見る限り結構重いのではないでしょうか?18.4インチという大きさを考えてもモバイル用途ではないと思います。

家の中で据え置きのパソコンの代わりとして使うのであれば問題ないかもしれません。が、今までも大きなタッチディスプレイを備えたデスクトップパソコンがいくつか出ましたが、あまりヒットしたとは言えません。

スペックではわからない何かすごい機構が搭載されているのかもしれません。面白いコンセプトのタブレットを期待したいですね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする