マイクロソフトがWindows10のアップデート内容を重要でないものは公開しない方針を発表

シェアする

windows 10 media creation tool

Microsoft Newsによると、マイクロソフトは今後Windows10のアップデート内容を重要でないものは公開しない方針としたそうです。

これまでは1つ1つのアップデートに対して詳細な内容を公表していましたが、いつの間にか変わっていたということが普通になるのですね。

スポンサーリンク

重要なもののみ内容を公表する

Windows10はすでに何回かの累積的なアップデートをWindows10に対して行っています。

それらに対してマイクロソフトは詳細な変更履歴や変更内容を発表していません。

記事によると、重要度に応じてマイクロソフトがそのアップデート内容を公開するかどうかを判断するそうです。

何か問題があったときの解析が難しくなる?

これまでにもWindows Updateによってパソコンに問題が起こったことが何回かありました。

そんな時、アップデート内容が公開されていれば、その問題がアップデートによって引き起こされたかどうかの解析の1つの手掛かりになります。

アップデート内容の詳細が公開されなくなってしまうと、このような解析が難しくなってしまいます

ましてやWindows10ではアップデートが勝手にインストールされてしまうようなので、いつの間にかパソコンが動かなくなって理由がわからない、という事態も起こりうるのではないでしょうか。

Insider Programで深刻な問題を見つけるつもり?

Windows 10は大規模なInsider Programを展開しており、最新かつ公開前のWindowsが多くのユーザーによってテストされます。

このInsider ProgramがあればマイクロソフトはWindows Updateによって深刻な問題はそうそう起こらないと考えているのかもしれません。

普通のユーザーにとっては余計な情報かも

一方で、パソコンが動かなくなるということを考えなければ、普通のパソコンユーザーにとってはWindows Updateによってインストールされる内容がどのようなものかはそもそも余計な情報かもしれないとも思います。

おそらくほとんどのユーザーはこれまでWindows Updateによってインストールが促されるままに、内容を確認することなくインストールしていたことでしょう。

その意味では、アップデート内容を公開しない方針に特に問題はない気もします。

ちょっと寂しい気もする

MS-DOS時代からパソコンを使っているユーザーとしてはちょっと寂しさを感じるところもあります。

パソコンといえば一筋縄ではいかなくて、いろいろな情報を調べた上でなんとか動かす代物でした。

それが、家電のように何も気にしなくても使えるというのは、便利でもあり、つまらなくなってという気もします。

パソコンの自作もかれこれ10年ほどやっていませんし。

マニアな人たちをわくわくさせるようなパソコンも残してほしいものですね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする