メール誤送信をキャンセルできるメールアプリ「Inbox」が公開

シェアする

時々、間違ってメールを送ってしまうことってありますよね?宛先を間違ったり、本文中の日付を間違ったり、名前を間違ったり。。。

Googleの新しいメールアプリであるInboxならそんな誤送信を修正できるらしいです。

追記:Gmailにも同様の機能が追加されました。

スポンサーリンク

Inboxとは?

intro-logo

InboxはGoogleが開発した新しいメールアプリで、効率よく大量のメールを処理するのに向いているアプリだそうです。

特徴的な機能は2つあります。

Highlights機能

136c26d4a382f62b540279b3a4c8318a_s

普通のメールアプリだと、題名と送り主、そしてメール冒頭の少しの情報しか表示されません。

これに対してInboxの場合、添付写真やスケジュール等、メールの中に含まれる重要と思われる情報を一覧として見せてくれるそうです。

これにより、メールを1つ1つクリックして開くことなく、重要なメールとそうでないメールを判断したり、開くことなく内容を把握することができます。

Assists機能

4561d0980367fa2c01613325bf2d74b4_s

スケジュールを登録しておくと、Inboxがそのスケジュールにプラスアルファして表示してくれるそうです。例えば、病院の予約を入れておくと、その病院の診察時間や電話番号を合わせてリマインダー表示してくれるとか。

今までは全体公開されていなかった

便利そうなこのアプリですが、実はこれまでは招待状を受け取った人しかインストールできませんでした。しかし、これがついに全体に公開となりました。

新機能 undo send

ba4461e64f8b79caa77d2f8a50347b40_s

そして、誤送信を修正する”undo send”です。

この全体公開に関連して追加された機能だそうですが、間違って送信ボタンを押した後にundoをすることができ、送信をなかったことにして再度メールを編集できるそうです。

どれくらいの間、キャンセルの猶予があるかわかりませんが、誤送信に気づくのって大体送信ボタンを押した直後のような気もするのでこれでも十分かもしれません。

とりあえず試す価値はあり

無料のアプリでもありますし、undo sendは魅力的なので、まずは試してみるのが良いかもしれません。いままでのメールアプリとはインターフェースが違うようですが、むしろSNSに近いようなので違和感なくなじめるかも。

私も早速試してみたいと思います。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする