低価格版ZenFone(ZenFone Go)が発売?

シェアする

Android

SIMロックフリースマホの代名詞ともいえるほどの人気を誇るZenFoneですが、その低価格版が発売されるという噂が出てきました。

その名も「ZenFne Go」。

どのようなスマホになるのでしょうか?

スポンサーリンク

LTE非対応、3G通信のみ

LTEには対応せず3G通信のみのサポートとなるようです。

すでに日本でも発売されている安いSIMロックフリーのスマホも3G蚤のサポートのものが多いので、コスト面に結構響くところなのかもしれません。

部品代というよりは認証をとるためのコストでしょうか?

私は現在Polaroid piguという3G通信のみのスマホを使っていますが、動画を見るとかしなければ通信の遅さはそんなに気になりません。使い方が限られている人には十分な速度ではないかと思います。

MediaTek製のクアッドコアプロセッサー搭載

これまでのZenFoneシリーズはクアルコムかインテル製のプロセッサーを搭載していました。

ZenFone Goでは安さを追求するためかMediaTek製のプロセッサーが採用されるようです。

とはいえ、2GBのRAMとクアッドコアプロセッサーの組み合わせなので、そこまで重いということにはならないのではないでしょうか。

1280×720ピクセルの5インチディスプレイ

ディスプレイは5インチで、解像度は1280×720だそうです。

標準的なスペックと言えるのではないでしょうか。解像度がそれほど高くないということはサクサク感にもつながりますし。

2万円を切る価格?

価格は日本円で2万円を切るという話です。

なかなかの安さですが、もう少し頑張ってほしいところですね。15000円とかだったら買ってしまうかもしれません。

まだまだ噂レベル、そもそも発売されるか不明

ここまで書いてきましたが、このZenFone Go、まだ噂レベルでなんの公式発表もない状態です。

とはいえ、好調なZenFoneシリーズが低価格帯向けの製品を出すということは十分あり得るのではないかと思います。

期待して発表を待ちたいと思います。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする