低速でも700kbps通信のWonderlinkの料金プランの価値とは?

シェアする

SIMフリースマホ

パナソニックがやっているMVNOのWonderlinkが料金プランをリニューアルし、低速でも700kbpsのプラン等を追加しました。

700kbpsが常に確保できるのであれば、動画を見る等の用途でなければ十分かもしれませんが、果たしてそのような用途に最適なプランなのでしょうか?

スポンサーリンク

プランの内容

低速時に200kbpsと700kbpsの2つの料金プラン体系

Wonderlinkは月間データ容量を使い切った後の通信速度が200kbpsのLTE Iシリーズと700kbpsのLTE Fシリーズの2つのプラン体系となっています。

LTE Iシリーズは月間3GBのプランが890円、5GBが1460円、7GBが1870円となっています。これらを使い切ると送受信速度が200kbpsに制限されます。

一方、LTE Fシリーズは月間1GBのプランが1580円、7GBのプランが2480円とLTE Iシリーズに比べると少々お高めですが、月間データ量を使い切っても送受信速度が700kbpsとなります。

いざという時でも700kbpsで通信できるのはうれしいですね。

24時間の通信量が1GBを超えると速度制限があるかも

ただし、LTE Fシリーズであっても、24時間の通信量が1GBをこえると速度制限がかかる可能性があるそうです。

そうすると、この回線を固定インターネットの代わりとして使うのは難しそうですね。

9月30日までに申し込むと安い

キャンペーンとして9月30日までに申し込むと、LTE Iの3GBプランが月額700円、LTE Fの1GBプランが1400円で12か月利用できるそうです。

ただし、この場合は最低利用期間が11か月/12か月割り当てられるそうで、途中解約は7680円かかるとか。

700kbpsのプランは安い?

LTE Fの1GBプランは前述のとおり1580円/月です。

一方、業界最安をうたっているのDMM mobileは5GBで1270円/月、7GBで1880円/月です。

データ通信量を多く使う場合、多くは動画等の重いコンテンツを使う場合だと思いますが、その場合は700kbpsでも足りなくなるのではないでしょうか?

そうすると、同じ値段でより通信データ量が多いプランを選んだほうがいいような気もします。

700kbpsのプランの存在価値とは?

そうなると、1GBまでは速く、それ以降は700kbpsになるプランの存在価値がいまいちわかりません。

中途半端に1GBの高速通信があるより、1GBすらなく、最初から最後まで700kbpsだけど安いようなプランのほうがいいような気がします。

定額音楽ストリーミングサービスに最適?

WonderlinkとしてはApple MusicとかAWA、LINE MUSIC等の定額音楽ストリーミングサービスに最適とうたっていますが、どうなんでしょう。

オフラインを一切使わずにがっつり音楽を聴くと1GBなんてすぐに超してしまうでしょうし、オフラインを使うなら200kbpsでも何とかならないこともないです。

最適をうたうなら、やはり1GBもなしで、月に500円とか激安で出してくれたらかなりうれしいのですが。現状の1580円はちょっと高い印象を受けます。

既存には良いのがないのでいい視点ではある気がすする

OCNモバイルONEには15GB/月という縛りはありますが、最初から最後まで500kbpsで通信できるプランがあります。このプランは1800円/月なので、LTE Fの1GBプランに比べて高いし遅いしでいいところがありません。

ぜひ最初から最後まで700kbpsのプランの検討をしていただきたいですね。高速通信が必要な場合はクーポンで対処するとかで。