大画面版iPad(iPad Pro?)の画面解像度は2732×2048

シェアする

iPad

iOS9のコードの中に、登場がうわさされている大画面版iPad(iPad Pro?)の画面解像度に関する記述があったそうです。

それによると、2732×2048ピクセルになるとか。

スポンサーリンク

現行のiPadに比べて縦横それぞれ1.3倍

現行のiPadが2048×1536ですので、縦横の解像度がそれぞれ1.3倍になることになります。

噂通り大画面版iPadが12.9インチだとすると、画素密度は263ピクセル/インチです。現行のiPadは264ピクセル/インチですので、画素密度を保ったままで画面を大きくしたことになります。

iOS9の新機能である複数アプリ同時表示に最適

これだけ解像度が高くてかつ画面が大きいので、iOS9で搭載される複数アプリを同時に表示する機能がうまく働くものと思われます。

一方で、解像度が高いとバッテリー消費が大きくなるので、その分大きなバッテリーを搭載してくるのでしょう。

iPad Proはこの秋に発表予定

大画面版iPadはこの秋に発表予定で、ビジネスや教育現場向けといわれています。

個人が手に入るものかどうかわかりませんが、もはやPCの代わりに持ち運んでも良いようなサイズと機能と性能になるのでしょうね。実際、USBポートが搭載されてUSBキーボード等が使えるという噂もあります。

そうなるとMac Book Airと領域がかぶってきてしまうので、AppleはあたらしいMac Book Airを出さなかったのでしょうか。

大画面のタブレットがどのようなユーザー体験をもたらすのか楽しみです。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする