懐かしのゲームがHDMI接続でプレイできるレトロフリークが発売

シェアする

昔はまっていたゲームを時々やりたくなることがあります。でも、ゲーム機もないしソフトもないし、と諦めていた人に朗報です。

11種類のゲーム機と互換性のある「レトロフリーク」の店頭予約が三月兎各店で開始されています。

これさえあればどんな昔のゲームもプレイできるかも?

スポンサーリンク

11種類のゲーム機に対応

レトロフリークが対応しているのは以下の11種類のゲーム機です

  1. ファミリーコンピューター
  2. スーパーファミコン
  3. Super Nintendo Entertaiment System
  4. ゲームボーイ
  5. ゲームボーイカラー
  6. ゲームボーイアドバンス
  7. メガドライブ
  8. GENESIS(北米版メガドライブ)
  9. PCエンジン
  10. TurboGrafx-16(海外版PCエンジン)
  11. PCエンジン スーパーグラフィックス

・・・なんとなくゲームボーイは1まとめなような気もするし、PCエンジンともひとまとめのような気もしますが、11機種対応です。

複数種類のカートリッジ+本体へのインストール対応 

それぞれカートリッジの形が違うので、変換のための複数のスロットがついているそうです。

また、何しろ昔のゲームソフトなので、本体にゲームを「インストール」する機能がついているそうです。壊れかけのソフトも大切に扱えていいですね。

HDMI出力対応

現代のテレビ事情を考慮してHDMI出力まで装備しています。720pへのアップスケーリングをしてくれるそうです。

これなら長く使えますね。

昔のゲーム機のコントローラまで使える

昔のゲームがプレイできるだけですごいのですが、なんとそのゲーム機のコントローラーがそのまま使えるアダプターが同梱されているセットもあるそうです。

これがあれば昔のゲームを、昔の感覚のままでプレイできますね。恐るべし。

価格は2万円ちょっと

三日月兎ではコントローラーアダプタセットが25,485円、レトロフリーク単体が22,161円で予約を受け付けているそうです。

この値段を高いとみるか安いとみるかでレトロゲーム好き度が測れる気もしますが、昔のゲームをプレイできる選択肢ができたことは素晴らしいですね。

ちなみに、Amazonにも商品はありますが、2015年10月発売となっています:

追記:すでにAmazonで普通に売っています:

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする