無料アップグレード版Windows 10はクリーンインストールも可能

シェアする

Windows10の要件確認

7/29にリリースされるWindows 10は、かねてより告知されていたWindows 7/8/8.1からの無料アップグレード対象であれば、クリーンインストールも可能になるようです。

アップグレードを行うといろいろとゴミが残ってうまく動かないケースもあるのでありがたい仕様ですね。

スポンサーリンク

OSのアクティベーションでパソコンが認証される

このためには一度はアップグレードを行う必要があるようです。

アップグレードを行うと、その過程でOSのアクティベーションが行われ、各パソコンに対して自動的にWindows 10のプロダクトキーが登録されるようです。

これにより、クリーンインストールの際もそのパソコンが一度でもWindows 10でアクティベートされていれば、なんの問題もなく使えるようになるようです。

DVDやUSBめメモリにインストールイメージを書き込んで起動

クリーンインストールはDVDやUSBメモリにインストールイメージを書き込み、そこから起動することで行えるようです。

何はともあれ、念のため一枚は作っておきたいですね。

それにしてもネットワーク経由での起動とインストールはまだまだ技術的に難しいのでしょうか。。。

内部デバイスの大幅な変更は注意

ただし、この認証はパソコン内部のデバイスとひも付けされるらしく、マザーボードの変更等の大幅なデバイスの変更を行った際は再アクティベーションが必要になるようです。

HDDや周辺機器程度の変更は問題ないようですが、Windows 10に合わせてPCをアップグレードしようとしている場合は要注意ですね。

メーカー製PCのプリインストールソフトは消える

当然ですが、クリーンインストールを行うと、メーカー製PCにプリインストールされているソフトは消えてしまいます。

それが困る場合には一度そのパソコンをオリジナルのリカバリーディスクでリカバリー上で、Windows 10にアップグレードするというのが一番クリーンにWindows 10に移行する方法でしょうか。

あと一週間でリリース、果たしてうまくアップグレードできるか

私はすでにWindows 10にすぐにでもアップグレードする気満々です。

が、Windowsはサービスパックが出るまではアップグレードするなと言われるくらい、リリース当初は問題が頻発します。

せめて人柱となって世の中に貢献できればと思いますが。。。

追記(7/29):アップグレード用ファイルのダウンロードは開始されているようです。

Windows 10 のアップデートファイルのダウンロードはすでに "C:$Windows.~BT" で始まっているらしい
ネット上で、すでにWindows 10のアップグレード用ファイルのダウンロードが開始されていると話題になっています。 C:$Window...
スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする