トップページをリニューアルしました

落とし物や探し物を簡単に見つけられる”AirTag”がAppleから登場 紛失防止タグと何が違うのか?

iOS

鍵や財布といった貴重品は落とすと困りますが、小さいがゆえに見つけるのも大変です。Appleがもうすぐ発売するといわれるAirTagはこういったものにつけておくことで無くした時に簡単に見つけることができるようになるガジェットです。

スポンサーリンク

タグの形をしたデバイス

AirTagはタグの形をしたデバイスで、おそらくこのような形になると思われます:

紐やキーホルダーに通せる穴があり、鍵や財布といった貴重品に取り付けることができます。

上のデバイスは

  • スマホからの操作でタグから音を出す
  • タグからの操作でスマホから音を出す
  • 最後にBluetooth接続が切れた場所を表示する

といった機能があり、これによりスマホを無くした場合、タグを無くした場合、および部屋の中で見つからない場合に簡単に見つけることができます。

既存の紛失防止タグと何が違うのか?

では、AirTagは既存の紛失防止タグと何が違うのでしょうか?おそらく以下の記事で紹介した技術を使うのだと思います:

この技術では、Bluetoothを使い自分のものではない付近のMacやiPhoneと通信することで、オフライン状態のiPhoneを探せるというものです。

AirTagも同様に付近のMacやiPhoneにBluetooth通信を行い、その位置情報をアップルのクラウドサーバに送信するのではないかと思われます

これによりユーザーは Find My(探す)アプリからAirTagの位置を特定できるわけです。

既存の紛失防止タグが「最後に自分のスマホとのBluetooth接続が途切れた場所」を表示できるのに過ぎないのに対し、AirTagは盗難等で移動したとしても近くにアップルのデバイスがあれば常に最新の位置情報を表示できます

タグを外されてしまえば終わりだけど安心感は増す

もちろん、盗んだ人がAirTagに気づいて外してしまえば終わりですが、親切な人が拾った場合でも位置がわかるのはありがたいものです。

まだ価格はわかりませんが、もうすぐ発売といわれています。落とし物、無くしものが多い人は購入を検討してはいかがでしょうか。

iOS ガジェット
スポンサーリンク
関連記事
このブログをフォローする
ガジェットスマホタブ好き!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました