2015年前半のスマートフォン販売台数はサムソンがシェアを落としアップルが上げる

シェアする

iPhone

Strategy Analyticsの調査によると、2015年前半のスマートフォンの販売台数は、サムソンがシェアを落とし、アップルがシェアを上げたようです。

サムソンの独走が止まりつつあるのでしょうか?

スポンサーリンク

サムソンが約600万台販売を落とし、アップルが約1200万台販売台数を伸ばす

この調査によると、2014年前半に比べ、2015年前半のサムソンのスマートフォン販売台数が9530万台から8900万台に落ちています。

この結果、シェアが22.3%から20.5%に落ちています。

一方、アップルは3520万台から4750万台に伸ばし、シェアが8.2%から10.9%に伸びました。

アップルは利益面では独り勝ちであり、さらに存在を感を強めています。

アップルが1社でスマホ業界の9割以上の利益を稼ぐ
ウォールストリート・ジャーナルによると、スマホを販売しているメーカーが稼いでいる利益の合計のうち、アップルが92%を稼いでおり、利益面では一...

マイクロソフト(旧ノキア)が大幅に販売台数を落とす

また、このレポートによるとマイクロソフト(旧ノキア)が大幅に販売台数を落としています。

2014年前半の5030万台に対して2015年前半は2780万台と、販売台数が半分近くに落ち込んでいます

マイクロソフトはスマートフォン開発チームの大幅な人員削減を発表していますが、この販売台数の落ち込みが影響したのは間違いありません。

マイクロソフトがスマートフォン開発人員を大幅削減
マイクロソフトが旧ノキアの携帯電話事業に所属する人員のうち、7,800人を解雇すると発表しました。このままLumiaシリーズは終了してしまう...

中国メーカーが背後に迫る

中国メーカーであるHuaweiとXiamomiが大幅に販売台数を伸ばし、それぞれ3060万台、1980万台となっています。

この結果、Huaweriがマイクロソフトを抜き、世界第3位のスマートフォンメーカーになりました。

また、販売台数がアップルに迫りつつあり、存在感がかなり強くなっています。

首位のサムソンがシェアを落とし、競争がかなり激しくなってきました。日本メーカーがないのはさみしいですが、競争の結果として高品質で安いスマートフォンがどんどん出てくるとユーザーとしてはうれしい限りです。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする