2015年9月時点でのiPhoneの機種別シェアはiPhone 6が首位

シェアする

iPhone

2015年9月時点でのiPhoeの機種別シェアが発表されました。

それによると、現時点で最新のiPhone 6がトップになっています。

また、次世代iPhoneへの買い替え需要が予想されるiPhone 5およびiPhone 5sのユーザーも多く、iPhone 6s/Plusへの需要の高さが予想されます。

追記:iPhone SEの登場前に2016年3月1日時点でのデータを記載しました

iPhone SEは売れる? 機種別シェアで35%以上のiPhoneユーザーはまだ4インチモデルを使っているので余地はありそう
ついに新しい4インチディスプレイ版iPhoneであるiPhone SEが発表されました。 名前については紆余曲折ありましたが、アップルとし...
スポンサーリンク

iPhone 6ユーザーが30.1%

9To5 Macによると、iPhoneの機種別シェアで首位となったのは最新のiPhone 6で、全体の30.1%となっています。

また、iPhone 6 Plusのユーザーも9.1%おり、これらを合わせると最新のiPhoneで全体の約40%を占めていることになります。

iPhoneユーザーの最新機種への購買意欲の高さをうかがわせる結果ですね。

iPhone 6sへの買い替え予備軍は36.5%

また、iPhone 6sへの買い替え需要が予想されるiPhone 5sは23.7%、iPhone 5は12.8%のシェアがあるそうです。

この数字からはiPhone 6sの売り上げが高いことが予想されます。

iPhone 5cは予想よりも悪いシェア

一方でiPhone 5cのユーザーは8.5%しかいません

これは、iPhone 4の5.3%よりはいいですが、iPhone 4sの8.8%よりも低いシェアとなっています。

このため、4インチの新しい小型iPhone(iPhone 6c)は需要が低く、果たして登場するのかという疑問も出てきます。

iPhone 6sでアップルの快進撃は続くのか?

これらのデータからもアップルが最新のiPhoneを前のiPhoneよりもうまく売っている様子がうかがえます。

9月9日にも発表されるとみられるiPhone 6sでもこの快進撃は続くのでしょうか?

追記:iPhone SEの登場前に2016年3月1日時点でのデータを記載しました

iPhone SEは売れる? 機種別シェアで35%以上のiPhoneユーザーはまだ4インチモデルを使っているので余地はありそう
ついに新しい4インチディスプレイ版iPhoneであるiPhone SEが発表されました。 名前については紆余曲折ありましたが、アップルとし...
スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする