肩こりの改善にはキーボードの打ち方改善が効果的です。鍵盤(キーボード)を大量に打つピアニストに学びましょう。記事はこちら。

2021年のiPhoneはLightningからUSB-Cになるどころかポートがすべてなくなってフルワイヤレスになる?

iPhoneiOS
iPhone

iPhoneのLightningポートがUSB-Cになるといわれて何年もたつ気がしますが、時代はその先を行くようです。2021年のiPhoneはポートがすべてなくなるのだとか。アクセサリとかどうするんでしょうか。

スポンサーリンク

ハイエンドモデルのみ「フルワイヤレス」になる

9to5 Macによると、この情報はApple関係のリーク情報で定評のあるMing-Chi Kuo氏のもののようです。

それによると、2021年のiPhoneのラインナップのうち、ハイエンドのものがLightningポートがない「フルワイヤレス」になるのだとか。

ちょうどiPhone Xの時にこれだけ指紋センサーがなくなったのと同じやり方でしょうか。

マイクなどのアクセサリはどうなるのか?

気になるのはマイクなどのあまり無線化が進んでいないアクセサリです。

30ピンからLightningに移行した時は変換アダプタが販売されましたが、完全ワイヤレスになってしまったらどうなるのか。。。

もしかすると、無線LANみたいな感じで無線Lightning変換アダプタみたいなのが出るのでしょうか?

さすがに過去のLightning資産を捨て去るのは厳しいでしょうし、何らかの救済措置が欲しいものです。

フルワイヤレスになるメリットは?

それにしても、フルワイヤレスにして何かメリットがあるのでしょうか?使う/使わないはさておき、ポートは残しておいてくれてもいいと思うのですが。

一つ考えられるのは部品点数の削減によるサイズと重さの低減です。小さいとはいえ、ポートの実装にはポート端子そのものとそれにつながるプリント基板の配線が必要になります。

また、将来的にはコストの削減にもつながるのだと思います。防水機能はやはり開口部がないほうが楽でしょうし。

とはいえ、できればユーザーが享受できる形でのフルワイヤレス化が望ましいですね。iPhone Xの時は画面占有率の向上というメリットがありましたが、何かないと移行は厳しいのではないかと。

2021年はまだまだ先

2021年はまだまだ先ですし、このiPhoneもまだコンセプト段階かもしれません。

とはいえ、フルワイヤレス化というのは流れとしてはあり得る気がします。

これからLightning接続のアクセサリを買うときには注意した方がいいのか、2021年でもハイエンドモデルだけだから気にしなくてもいいのか、悩ましいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました