肩こりの改善にはキーボードの打ち方改善が効果的です。鍵盤(キーボード)を大量に打つピアニストに学びましょう。記事はこちら。

Fitbit SenseをキャンセルしてHuawei Watch Fitを買った理由

Huawei Watch Fitの外箱ガジェット

発売の一か月くらい前からFitbit Senseを予約していたのですが、最終的にHuawei Watch Fitを買いました。その理由について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

Fitbit Senseの全機能は使わない

Fitbit SenseはFitbitのなかではハイエンド、スマートウォッチのなかでも高価格帯に属するスマートウォッチです。

したがっていろいろと機能があるわけですが、残念ながらそれらをすべて使いこなすことはできなさそう。そうなると、払ったお金に対してリターンが少ないなぁと。

たとえば、AlexaとかGoogleアシスタントなんて使う気はないし、キャッシュレス決済もFitbitのものはいまいち使えません。

ガジェット好きがこんなことを言ってはいけないのですが、やっぱりお金は大事。より安いものを探すことにしました。

海外レビューの評価がよくない

Fitbit Senseは海外では日本よりも一週間くらい早く発売されています。

このため、いろいろなレビューを先行してみることができたのですが、どれも評判が悪い

半々くらいならいいのですが、軒並みよくないというのはかなりモチベーションを下げます。

EDAセンサーの評判も悪い

そして、私がFitbit Senseに興味を持った理由である、ストレスを測定できるEDAセンサーの評判も悪いです。

なんと、Fitbit Senseをつけたのと反対の手で覆わないと測定ができないとのこと。しかも、測定用のアプリ(瞑想)を起動しないと測定できないとのこと。

てっきり、手に付けているだけで測定できると思っていたので拍子抜けです。さらに、測定したところで、ストレスがどれくらい強いか示してくれるだけで、何もアドバイスはないとか。

せっかく新しいセンサーがついているのに宝の持ち腐れ感があります。

皮膚温度センサーの評判も良くない

EDAセンサーと並んでFitbit Senseの目玉であった皮膚温度センサーも評判がよくありません。

出てくる値は皮膚の表面温度であって、いわゆる体温ではないのだとか。まあ、測定しているのが腕なのでしょうがないのかもしれませんが、思っていたのと違う気がします。

もちろん、これの上下によって体調の変化は感知できるのでしょうが。。。なんか微妙に思っていたのからずれているのですよね。

Amazonが発売日に発送してくれない

そして、最後にとどめをさしたのがこれ。

一か月前くらいからAmazonに予約していたにもかかわらず、発売日に到着どころか、翌日になっても発送してくれません

予約をキャンセルして、お急ぎ便で注文しなおしたほうが速いという始末。

まあ、これはFitbit Senseのせいではないのですが、予約したということは速くほしいということなので、優先して発送してほしかったのですけどね。

代わりにHuawei Watch Fitを購入

そんなわけで代わりのスマートウォッチを探したところ、Huawei Watch Fitがよさげだったので、こちらを購入しました。

余分な機能が少なくてしっかり使いこなせそうな気がします。価格もFitbit Senseの半額以下とリーズナブル。

これからレビューを書いていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました