Googleから8月のNexus向けの月次セキュリティーアップデートはStagefright問題対策だと正式に発表される

シェアする

GoogleのAndroidセキュリティーのAdrian Ludwig氏から8月のNexusデバイス向け月次セキュリティーアップデートはStagefright問題対策であると正式に発表されました

Androidはこれまでアップデートの内容が不明確であることもありましたが、こうやって発表してくれると安心感があっていいですね。

ただ、ちょっと各端末まで配信されるのが遅いような。。。

スポンサーリンク

対象はNexus 4/5/6/7/9/10およびNexus Player

8月の月次セキュリティーアップデートは8月5日にOTAの配信が始まったそうです。

対象はNexus 4/5/6/7/9/10とNexus Playerとのこと。

私のNexus 7に配信されたのが8/12、Nexus 9に配信されたのが8/13なので一週間くらいたってようやくデバイスまでおりてきたことになります。

Nexus 7(2013)向けの月次アップデート Stagefrightが修正されているLMY48IがOTAでやってきた
Nexus 7(2013)に今月から始まったGoogleの月次アップデートがやってきました。今回やってきたイメージのビルド番号はLMY48I...
Nexus9にもStagefrightを対策したLMY48IがOTAでやってきた
昨日ようやくNexus 7(2013)にStagefright問題を対策したビルドであるLMY48IがOTAでやってきました。そして、今日は...

6つのパッチが当てられており、すべてStagefrightがらみ

今回あてられたパッチは6つあり、すべてStagefright問題がらみのようです。

Stagefright問題のためだけに月次セキュリティーアップデートが出るというのは、やはりこの問題の大きさを感じさせますね。

過去最悪の脆弱性「Stagefright」がほぼすべてのAndroidデバイスに見つかる
Zimperium Mobile Labsによると、Androidに過去最悪クラスのセキュリティの脆弱性「Stagefright」が見つかっ...

OTAアップデートの配信が遅くないか?

8月5日にOTAの配信が開始されたとのことですが、そこから各デバイスにたどり着くのに1週間もかかるというのは少し遅すぎるような気がします。

Windows Updateは即日ダウンロードできるのに比べるとかなりのタイムラグがあります。

今回のアップデートの大きさはNexus 7で10MB程度、Nexus 9で20MB程度と大きくなかったこともあり、もっと早く各デバイスまで配信してほしかったですね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする