Googleの自動運転自動車が11回の交通事故を起こしていた

シェアする

APによると、Googleの自動運転自動車が11回の交通事故を起こしていたとのことです。

軽微な事故で、負傷者もいないとか。ただ、この11回の事故は「起こしていた」といわれているところがポイントで、巻き込まれていたわけではないのが問題だという人もいるとか。

この事故は約2700万kmの走行(そのうち1600万kmは自動運転)で起こった事故ということですが、この値は人間が運転した場合と比べてどうなんでしょうね?少なくとも軽微な事故で済んでいるというところが自動運転車のすごいところというべきなのではないかと思います。

今後、自動運転はふつうに搭載される技術になっていくのでしょうが、こういう事故が起こった時の責任はだれにあるのかが問題になるのでしょうね?死亡事故が起こった時に、運転者はその罰則を受けるのか?カーメーカーなのか?なかなか難しい問題です。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする