Huaweiが”Force Touch”つきの高級Androidスマートフォン Huawei Mate Sを発表

シェアする

Android

HuaweiがIFAにおいて”Force Touch”つきのAndroidスマートフォン Huawei Mate Sを発表しました。

かなり高いスペックを持つフラッグシップモデルですが、価格も結構高いです。

スポンサーリンク

指紋認証機能と”Force Touch”つきディスプレイを搭載

このHuawei Mate Sの最大の特徴は指紋認証機能と”Force Touch”つきディスプレイの搭載です。

“Force Touch”とは圧力を検知できるタッチパネルディスプレイのことで、これにより様々な動作が可能になります。

次世代のiPhone(iPhone 6S?)やiPad(iPad Pro?)にも搭載されるといわれており、これから主流になっていくかもしれません。

iPhone 6sやiPad Proに搭載されるForce Touch "Orb" は操作をより便利にする
iPhone 6sやiPad Proに搭載されるといわれているForce Touchがタッチパネルの操作性をより向上させるようです。によると...

基本スペックもかなり高い

Force Touchだけでなく、基本スペックもかなり充実しています。

CPU 8コア(2.2GHz 4コア+1.5GHz 4コア)
ディスプレイ 5.5インチAMOLED 1920×1080ピクセル
RAM/ROM 3GB/32 or 64 GB
カメラ 1300万画素+800万画素
バッテリー 2700mAh
サイズ 149.8×75.3×7.2mm
重さ 156g
OS Android 5.1.1 Android, EMUI 3.1

ハイエンドモデルといっても差し支えないスペックです。

価格は結構高い

価格はかなり強気です。

32GBモデルが649ユーロ(約9万円)、64GBモデルが699ユーロ(約95000円)です。

iPhone 6の16GBモデルが86800円、64GBモデルが98,800円なので、ほぼ同等の価格です。

かなり強気の価格といえるのではないでしょうか?

日本での発売も予定

このHuawei Mate Sはすでに日本での発売も決定されているそうです。

このままの価格だとちょっと高すぎる気もしますが、スペックや機能は魅力的でもあります。

3大キャリアから割引付きとかで発売されるのでしょうか?

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする