Huawei Mate9 のカメラのピントが合わなくなった カラーだけがぼける

シェアする

Huawei Mate9のグレーとゴールドの比較

1年以上使っていて気に入っているHuawei Mate9ですが、はじめて故障っぽい問題にあたりました。

カメラの撮影画像の一部がどうしてもピントが合いません。

カメラの故障かぁ、修理かなぁ、と思って調べたら実はこの機種によくある問題で対処法がありました。

カメラ撮影画像の一部だけピントが合わない

問題のカメラ画像がこちらです:

左上がぼけたMate9のカメラ画像

拡大するとよくわかるのですが、カメラの左上がぼけています。右上等のピントがあっているのに不思議です。

Mate9のリアカメラで撮影した画像 左上がぼけている

今回だけかな、と思って何回も試したのですが、何回やってもぼけます。そして、カメラを縦にしてもレンズの同じ場所に対応する場所がぼけます。

左上にフォーカスをあわせれば今度は右側がぼけるのかな?と思って試したら、左上はどうやってもピントが合いません

一眼レフっぽい画像を作り出すワイドアパーチャー機能は当然オフですし、オンにして全体にピントが合うようにしても左上だけはボケたままです。

モノクロカメラは正常でカラーカメラがおかしいらしい

困ってしまっていろいろ試して分かったことは、どうやらモノクロカメラは正常だということです。

Mate9のモノクロカメラで撮影した画像

モノクロでとれば全体にフォーカスが合います。

Mate9はカラー画像撮影時に、モノクロカメラとカラーカメラの撮影画像を合成します。そこで、わざとモノクロカメラを手で隠して撮影したところ、さらに画像がぼけました。

つまり、どうやらMate9のデュアルカメラのうち、カラーカメラの左上だけがピント側無くなり、モノクロカメラは正常なようです。

ハードウェア故障、ということは有償?

良かったよかった、原因がわかった、と喜んだのもつかの間、ハードウェアの故障ということは修理しないと基本的に治らないと言うことです。

Huaweiは各機種の各箇所の修理代金を公開しています。明朗会計で良いですね。それによると、Mate9のカメラの修理代金は10,800円だそうです。

すでに購入から1年以上たっており、延長保証にも入っていないので、この値段を払う必要があります。ちなみに、修理の際は宅配便での修理申し込みができて、送料は行きも帰りも無料だそうです。この辺りはけちけちしてなくていいですね。

たたけば治る、って昔の家電か!?

とはいえ、10,800円は大きい。。。どうにかならないかといろいろ調べてみました。

すると、海外のサイトで面白い情報が。なんとたたけば治るそうです。

やり方は、画面を下にして机などにたたきつけるというもの。画面が割れないように何かクッションをかませるようにね、とのこと。え、そんなにアナログなの?

さすがに机にたたきつけるのは怖いので、試しに画面を下にして手のひらにたたきつけてみました。すると、なんということでしょう、ピントが合うようになりました(試す場合は自己責任で)。

たたいた後のMate9の撮影画像

いままでボケボケだった左上のピントが合うように!多少甘いような気もしなくもないですが、全然合わなかったときに比べたら雲泥の差です。

ということは、もしかして画面を上にしてたたきつけたらまただめになるのか?と思って試してみました。

画面を上にしてたたきつけた後のMate9のカメラ画像

…うん、前よりはましだけどまたピントが合わなくなった。

Huaweiのデュアルカメラではよくある故障らしい

さらに調べてみると、このモノクロ(白黒)カメラは大丈夫だけどカラーカメラのピントが合わなくなるという故障はよくあるみたいです。直し方から考えると、おそらくスマホを落としたり衝撃を与えた時にカメラがずれるのでしょうね。

人によっては2つのカメラを比べると明らかに片方が陥没しているような状態になって画面全体のフォーカスが合わなくなっているとか。

調べてみた限りでは、Mate9, P9, P10で起きているようです。おそらくこれらは同じカメラモジュールを使っているので同じ故障が起きやすいようですね。

10,800円を払った方が確実に治るのでしょうけど、これらの機種共通の問題ということは、故障してもまた起きるかも、と思うと少し修理依頼に躊躇します。

もし同じ問題で困っている人がいたら試してみてください。ただし、症状が悪化したりほかの問題が起きる可能性もありますので、自己責任で。。。