肩こりの改善にはキーボードの打ち方改善が効果的です。鍵盤(キーボード)を大量に打つピアニストに学びましょう。記事はこちら。

iOS13.5でマスクをつけているときのiPhoneのFace IDが改善 マスクをつけていることを認識してすぐにパスコード入力へ

Nimasoのケースをつけて起動したiPhone XRiOS

コロナウイルスの世界的な広がりからマスクをつける人が日本だけでなく世界中で増えています。マスクをつけていて不便なものの1つがiPhoneのFace IDです。認識されないだけでなくパスコード入力までに時間がかかります。それがiOS13.5で改善されるのだとか。

スポンサーリンク

「マスクをつけている」ことを認識してすぐにパスコード入力させてくれる

AppleInsiderによると、iOS13.5では「マスクをつけている」ことを認識してくれるそうです。

これまでは、画面をつけ、Face IDが失敗するのを待ってからパスコードを入れるため時間がかかっていました。それが、「マスクをつけている」ことを認識するとすぐにパスコードを入力できるようになるそうです。

根本的な解決ではないですが、少しは改善されるといったところでしょうか。

マスクを含めた顔認識は難しい?

どうせならマスクをつけた状態で顔認識するようにしてくれ、と思いますが現実的には難しいのでしょう。

マスクは種類によって大きさや形が違いますし、同じマスクでもつけて方によって外見が変わります。それを考慮して本人かどうか認識するのは人間でも難しいかもしれません。

次期iPhoneでは指紋認証が復活するという噂もありますが、やはり1種類ではなく複数種類の認証手段があった方が安心ですね。

そういえば、ちょっと前は虹彩認証とか流行りましたが、あれはどうなったんでしょうね?

グループFaceTimeでしゃべっている人の画面が自動で大きくなる機能も

他に、iOS13.5ではグループFaceTimeにおいて、しゃべっている人の画面が自動的に大きく拡大される機能も搭載されるようです。

どちらもこのご時世を反映したアップデートであるように思います。早めにリリースされるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました