iOS9のシェアが48時間で21%を超える

シェアする

iPhone

最近リリースされたiPhoneやiPad用のiOS9ですが、なんと48時間で21%の人がアップグレードしたそうです。

相変わらずiOSの勢いはすごいです。

スポンサーリンク

最新のものを嗜好するユーザーが多い?

このデータによると、iOS9リリース後48時間のシェアが、iOS9が21.12%、iOS8が71.65%、それより古いバージョンが7.23%となっています。

こんなにすごい勢いで最新のものに置き換わるOSはほかにないのではないでしょうか?

Android 5.x Lollipopは10か月を要した

これに対してAndroidは最新の5.x Lollipopがシェア20%を超えるのにリリースから10か月を要しています

ようやくLollipopのシェアが20%を超える
なかなか普及が進まないAndroid 5.x(5.0,5.1) Lollipopですが、ようやくAndroidの中のシェアが20%を超えたそ...

iOSは多くのiPhoneやiPadで無料で最新のiOSにアップグレードできるのに対し、Androidは多くの端末がOSのメジャーアップグレードを行っていません。

この差はあるにしても、iOSの勢いはすごいと思います。

最新のサービスを多くの人に試してもらえる優れたエコシステム

アップルのiOSはこのように最新のOSを多くのユーザーに体験してもらうことで、新しいサービスを使ってもらえる確率が格段に上がっています。

その最たる例がApple Musicで、今やApple Musicを使えるユーザーの割合は92%以上(iOS8とiOS9ユーザーの合計)となっています。

いくら素晴らしいサービスをリリースしたとしても使ってもらえなければ意味がありません。その意味で、商売という観点ではiOSはAndroidよりも優れているといえるかもしれません。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする